本文へ移動

法人本部

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

新任職員研修の感想です。

2014-06-13
平成26年5月21日(水)に行われた新任職員研修の報告書より、受講者の感想です
 
「エゴグラム、ロールプレイ、そして利用者とのコミュニケーションについて学んだ。福祉のプロとして、対人支援業務を行うには大切なことである。私が日々の業務を遂行するとき、常に同じコンディションを保つことは困難である。疲れている時やイライラしている時、又は苦手意識を感じている利用者の方もいる。大切なのは、そう感じる自分を受けとめ、認識することである。それによって自分を客観視しながら利用者の方との話ができ、虐待や職員の権力乱用防止に繋がる。」
 
 今回、法人の4つの理念の言葉の意味を具体的に知ったうえで、自分自身のこれまでの支援について「職員の都合を優先した支援を行っていないか」「きちんと利用者本位の支援を行えているか」といったことについて改めて考えさせられた。
 対人支援については、基本的な目を合わせる位置や相手との距離の保ち方について学んだ。声かけひとつに関しても、相手に圧力をかけるような体勢をとっていないかなど、日々の支援の在り方について再度自分自身を見直す必要があると感じた。
 
「新任研修会を通して各事業所の新任の方と仲良くなれて、他の場所ではどのようなことをしているかを知れて良かったです。新任同士の仲間がいることで自分の中でちょっと余裕が生まれて冷静に現場に立つことができています。」
 
「法人の理念における重要なキーワードについて、一つひとつ丁寧に意味を確認していった。理事長は法人の理念について、この法人の理念は職員全体が最低限向くべき方向を示したものであり、この方向が同じならば職員個々の支援について大きく差は出ない、つまり羅針盤のようなものであるとおっしゃいました。今回法人の理念における重要なキーワードについて確認していくことで、それぞれにバラバラであやふやであったであろう理念の解釈を自分の中でしっかりさせると同時に自分が向くべき方向を理解することができた。」
 
「“福祉サービスを支える接遇マナー”を学んだ。石井氏は児童支援に長年かかわってこられた。私は初めてお会いしたが、彼女の口調や立ち振る舞いから、優しさや愛情が溢れており、児童支援に対する熱意が感じとられた。福祉職員としての心のマナーを学んだ時間であった。それは資格取得等、知識を得ること以前に身につけておくべきこと、そしてどれだけベテランになっても忘れてはならない次の3つのマナーである。1、公平な立場で物事をみきわめる。2、奉仕の心を備えている。3、立場の弱い人を支え、喜ばせてあげる。また、人として生きていく基本の姿勢として次の4つがある。1、積極的に生きる。2、和して生きる。3、人の為に生きる。4、上機嫌に生きる。これらは世界共通の幸せに繋がっていく生き方だと感じた。この職場だけでなく、今後の人生を歩む中で心にとめておきたい」
 
「福祉サービスを支える接遇マナー」について学んだ。障害があるからといって、引け目を感じて生きていくことのないよう「立場の弱い人たちを喜ばせてあげる」など、人のために生きるということが自身の幸せにも繋がり、人として生きていく基本の姿勢になるのだと学んだ。また、石井先生のこれまでの経験を通して、仕事は心の持ちようで変わっていくと聞き、今回学んだ心構えをこれからの支援でも活用していきたいと感じた。
 
どの報告書からも、素直に感じ、自分の心に響いた様子がうかがえました。
そんなまっすぐな気持ちをもっている新任職員たちに対して、応えていかないといけないという責任感と、素晴らしい講師の方たちの研修制度が整ってきている新任研修がうらやましいなあを感じるちょっとだけ先輩でした

今年も就職フェアに出展します

2014-06-10
今年もインテックス大阪で行われる「福祉の就職総合フェア2014inOSAKA」(会場:インテックス大阪2号館)に出展します。
ブースは、大阪市25になりました。
少しでも多くの方とお話したいと、本部の職員はもちろんのこと、現場の職員とともにお待ちしてます。なんでも聞いてくださいね

法人にはソフトボールチームがあります

2014-06-02
日本ヘレンケラー財団には、福利厚生の一つにソフトボールチーム【シックスセンス】というチームがあります。なかなかいつも集まることは難しいのですが、他の施設の職員と交流ができ、横のつながりを感じられる貴重な時間のひとつです。
5月に行われた大会の様子を、担当施設長記でお伝えします。
写真を撮るのを忘れてしまい、残念です。

ソフトボールチームの活躍!!

2014-05-29
 5月22日(木)舞洲ベースボール公園にて、共済会主催のソフトボール大会が行われました。
 晴天に恵まれ我がヘレンケラー財団チーム【シックスセンス】のメンバーは早朝より集まり、練習を行い、試合に臨みました。日頃事前に集まり練習することが難しい中、みんな一つひとつのプレーに集中していました。怪我だけはしないようにと注意しましたが、 全力プレーでヒヤヒヤしたこともありました。若いメンバーも全力疾走、ヒットを量産し、ホームランも飛び出し、女性は特に守備を頑張っていました。また50歳以上のメンバーはハツラツと息を切らしながらプレーし、チームをひっぱっていたように見えました。
 予選の1試合目は【博愛社】に8-2で勝利、2試合目は野球経験者の多い【慶生会B】に6-8で惜しくも破れましたが、得失点差でなんと1位で予選通過決勝トーナメントへ進出しました
相手の【松福会】は野球とソフトボールの経験者が多く、ピッチャーはウインドミルでとても速い球を投げ、チェンジアップ等多彩な投球術でありましたみんな食らいつくかのように、ヒットを出していましたが、実力の差は埋められず、3-9で敗れ去りました
 ベスト8まで入れたこともあり、悔しさはあるものの表情は晴れ晴れとしていたように感じました。悔しさは次の軟式野球大会で晴らしてくれることでしょう

ぶらっとランチのご応募、ご参加ありがとうございました。

2014-05-26
5月23日(土)に行いました、「ぶらっとランチ」へのご応募、ご参加ありがとうございました。
「ぶらっとランチ」への参加が間に合わなかったという方も、5月末から始まる「施設見学会」、そして6月28日(土)に予定している「採用試験」にご応募くださいね
 
福祉業界への就職を考えられている学生さんにとって、この時期は行事や実習で忙しく、まだ本格的に就職活動を考えておられない雰囲気も感じられました。
また、9月末にも「ぶらっとランチ」を開催する予定にしています。
また少しあとで興味をもっていただけた方は、今後も予定を随時ご報告いたしますので、ホームページをお見逃しなく!
 
それと
7月19日(土)にインテックスで開催される「就職フェア」に、今年も出展いたしますので、そこでもぜひお声をかけていただけると幸いです
 
TOPへ戻る