各駅停車 

 

施設長の声

施設長の声
 

各駅停車はどんな施設ですか?

まず施設の名前ですが、障がいのある方の地域生活を支えるために「グループホームアテナ」「シルフ」「一丁目(二丁目)」「最寄駅」という名前の四つの事業所を開設しており、四つの事業所を総称して『地域生活支援センター 各駅停車』と呼んでいます。

施設の雰囲気は、事業所の事業種別も違い所在地も点在していますが、どこも明るい事業所であり、働きがいのある職場だと思います。事業内容は他のページを読んでくださいね(笑)。

 

どのような人材を求めていますか?

何事にも心を込めて一生懸命に働いてくれる方を望みます。心を込めて利用者さんに手を添え、心を込めて肩を貸したり、背中を流したり、声を掛けたりしながら、一生懸命に働いてくれる方です。加えて言えば、自分の仕事に誇りを持って働ける方を求めます。

常勤職員さんの募集は法人で行っていますが、各駅停車には多くの非常勤職員さんが働いてくれており、非常勤職員さんを募集している事業所もあります。今までの人生経験を大いに生かしてもらえる職場だと思いますのでご応募をお待ちしております。

 

今後どのような施設にしていきたいですか?

これからも利用者さんやご家族さんに必要とされる施設であり続けることはもちろんですが、今よりも更に快適であり、安全であり、信頼される施設にしていきたいです。

また、地域住民の方々にとって、各駅停車の事業所が地域の中にあってよかったと思われるようになりたいです。それはいろいろな側面でよいと思っています。地域の福祉の面だけでなく、防犯の面でも、活性化の面でも、住民間交流の面であっても、なんらかの地域住民の方々の役に立てるような施設になれればと思います。

 

最後に各駅停車を色で例えてください。

 虹色ですかね。虹の7色をそれぞれイメージで言うと、赤は暖かな灯のイメージでシルフのパン工房、オレンジはビタミン元気カラーで一丁目、黄色は明るい色でシルフのさをり、緑は木々の安らぎ色でグループホーム、水色は落ち着きさわやかな色で二丁目、青色は誠実なイメージの色で最寄駅、紫色は残ったから()私が普段居る各駅停車の事務所です。合計7色の虹です。虹色は「夢・希望・幸せ」の象徴の色です。

 ​ ​法​人​本​部​事​務​局​
 
社会福祉法人
日本ヘレンケラー財団
〒545-0011
大阪府大阪市阿倍野区
昭和町3-4-27
TEL.06-6628-2229
FAX.06-6629-6239
-------------------------
(1) 第一種社会福祉事業
イ. 救護施設の経営
ロ. 障害児入所施設の経営
ハ. 障害者支援施設の経営
(2) 第二種社会福祉事業
イ. 障害福祉サービス事業の経営
ロ. 一般相談支援事業の経営
ハ. 特定相談支援事業の経営
ニ. 障害児相談支援事業の経営
ホ. 移動支援事業の経営
ヘ. 地域活動支援センターの経営
ト. 無料及び低額宿泊所提供事業の経営
チ. 障害児通所支援事業の経営
qrcode.png
http://helenkeller.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

463421
<<社会福祉法人 日本ヘレンケラー財団>> 〒545-0011 大阪府大阪市阿倍野区昭和町3-4-27 TEL:06-6628-2229 FAX:06-6629-6239