本文へ移動

非常勤職員の声

救護施設平和寮(H29.2入社) 支援員

平和寮で働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
 
 嬉しかった事は、利用者さんが優しくいたわってくださる事です。「無理しないでね~」とか、休みの前日には「ゆっくり休んでや~」と声をかけてくださったり、何かして差し上げたときに「ありがとう」と肩をもんでくださったり…心がほんわかして元気が出てきます。
 
 
 
あなたにとって、この仕事の魅力はなんですか?
 
 平和寮やグループホームで利用者さんの日常の生活を一緒に過ごさせていただく事で皆さんをとても身近な存在に感じ、自然に優しい気持ちが湧いてきて幸せな日々を送っています。これからの人生の生き甲斐を見つける事ができたと実感し、この仕事に大変魅力を感じています。
 
 
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。
 
 子育てが一段落し、何か新しい事にチャレンジしたいと思っていたときに生活支援スタッフ募集のポスターを見て、平和寮にとびこませていただきました。資格も経験もない私に勤まるだろうかと不安ではありましたが、職員の方々や利用者の方々にあたたかく迎え入れていただき、日々楽しく元気に働かせていただいています。
 働き始めて自分の要領の悪さに落ち込んでいたときに利用者さんが行かれている理髪店で指針となる言葉に出会いました。「心を揺さぶるのは心。真心は声、表情、振る舞いに表れ相手に必ず届く」この言葉を胸に刻んでこれからも頑張ろうと思います。
もし、福祉の仕事に就くことを迷っている方がおられましたら、どうぞ一歩踏み出してみてください。きっと心の奥底で求めていた何かを見つける事ができると思います。

太平(H25.2入社) 支援員

太平で働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。

何といっても太平は自然豊かで、四季の彩りを肌で実感できるので、それにはいつも驚かされています。

太平では居室掃除やトイレ掃除をしていると、利用者さんから「ありがとう」とお礼を言われる事があるんですけど、それがすごくうれしいです。

 

あなたにとって、この仕事の魅力はなんですか?

 ボールを壁に当てたら跳ね返ってくる様に、仕事や支援のやり方こなし方で、成功した時や失敗した時でそれぞれが全て自分に跳ね返ってくるので、それによって反省し、自分自身が成長できる。それこそが、この仕事の魅力だと思います。

 

福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。

利用者さんに対しては、いついかなる場合であっても「○○してあげる」ではなく「○○させていただく」という気持ちで接するべきです。利用者さんと深くかかわって、利用者さんに認めてもらえる自分を作り上げていって欲しいと思います。

ぶるうむ此花(H28.6入社) 支援員(生活介護)

「ぶるうむ此花で働いて、びっくりしたことや嬉しかったこと」
ぶるうむ此花では年間の活動がとても多いことで、いろいろと体験をしています。お花見や日帰り遠足だったり、利用者さんと一緒に楽しんで過ごしています。
嬉しかったことは、言葉でのコミュニケーションを取ることが難しい方もいらっしゃいますが、身体全体を使って伝えようとしてくれたり、表情など細かいことでコミュニケーションが取れた時は、最高にうれしい瞬間です。
 
「この仕事の魅力」
大変なことが多い職種ではありますが、「この人のためには自分はどうしたらいいのか」と人のために考えることが出来るようになりました。また、利用者さん、ご家族、支援員、関係なく、様々な人の優しさに触れることが出来ます。大変なこと以上に得るものが多い仕事です。

「これから福祉の仕事をする人へのメッセージ」

たくさんの人の優しさや笑顔に出会える仕事です!時には、辛いこと悲しいこともあると思いますが、助けてくれる人は必ずいます。

人とのつながりや支えられているということを、しっかり感じることができるのが福祉の仕事の魅力の一つです!!

ぶるうむ此花(H29.5入社) 世話人(グループホーム)

グループホームで働いてびっくりした事うれしかった事

利用者さんそれぞれにきまりがたくさんあり、生活リズムがほとんど一定なことに驚きました。最初は1人ひとりのやり方や好み、どこまではできてどこからは手伝うのかなどを覚えるのが大変でした。でも今はそれぞれに合わせて対応しながらも自分の仕事を効率よくできるようになりました。私は料理が苦手でした。まだ今も苦手なのですが、そんな中でも作った物を美味しいよと残さずに食べてくださることが一番嬉しいです。だから私も次は○○を作ろう!と楽しく仕事ができています。

 

この仕事の魅力

一番は人の気持ちを考えられるようになる事かと思います。今までなんとなくでしか知らなかったことが、この仕事に携わることで身近な存在になって、自分の心が広くなったように感じます。また自分の中では当たり前なことが当たり前ではないと言うことを知り、毎回新発見・刺激があることだと思います。

仕事が続いている要因

利用者さんと関わる中で、いろんなお話をしたり、新たな一面を見られたりすることがとても楽しいからです。毎日いろんな発見があり、自分の視野も広がったと思います。そして、ぶるうむ此花に勤められている人みなさんが本当にいい人ばっかりで、楽しく働きやすいからだと思います。

 

これから福祉をする人へのメッセージ

私も最初は、福祉ってとにかく大変そうで精神的にしんどくなるものだと思っていました。しかし、思っていたものとは違って本当にやりがいのある仕事です。まず知ることが大切だと思うので、お近くの福祉施設等を見学してみてサポートを必要とする方のためにもぜひ福祉に携わっていただきたいと思います。

 

IL伯太(H27.4入社) 支援員

この仕事を始めてびっくりしたこと・嬉しかったことはありますか?
 印象に残っていることは、この仕事を始めて数か月後に利用者さんと天王寺動物園に行った時のこと。それから1週間ぐらい、毎日「動物園楽しかったわ!また行こな!」と、笑顔いっぱいで話しかけていただいたことが今でも忘れられません。

 

この仕事の魅力を教えてください

 60歳を超えてから福祉の仕事に携わることになり、最初はとまどうことが多くありました。しかし自然と仕事にも慣れて、今では利用者さんの作業の一つ一つが着実に社会に貢献しているんだとの想いで、誇りを持って仕事に臨んでいます。

 

この仕事を始めようとする方へメッセージをお願いします
 『個人の力』が発揮できる職業だと思っています。少しでも興味・関心があれば、ぜひチャレンジしていただきたいです。

さつき園(8年目)相談員

・さつき園で働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
 はいってみてびっくりしたことは、個性の特質。利用者さんの個性。それぞれの個性。それぞれの特化した部分というか、特質というか。それがそれぞれ本当に個人個人みなさん、こう違うものを持ってらっしゃって、そこをどう見分けるか?どこをどういう風に支援したらいいのか?
 嬉しかったことはいっぱいあります。毎日です。本当にきれいごとでもなんでもなく、お元気で、おはようって挨拶してもらえるだけで嬉しいです。
 
・あなたにとって、この仕事の魅力は何ですか?
 “ここに来て元気になる”とか“家でしんどくてもここに来たら元気でる”とか、ほんまにそうなんです。で、逆にまたしんどい時もあるんですけど、それがこの仕事の魅力。事務仕事にはない、オフィスレディにはない、人と人との関わりを持ってこっちも慶びを分かち合えるというか、一緒に喜べるとか。
作業を進めていく上で、利用者さんを頼りにすると、利用者さんが自ら作業の段取りを組まはるんです。私の出来る範囲でどこまで手助けできるか、困っている時は話を聴くだけでもこの人、気が楽になるんかな、とか…。
 そんな人と人との関わりをもてるっていうのはこの仕事の一番の魅力やと思います。
 つらい時も楽しい時も含めて。
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。
 らしく生きる。らしく生きるんですよ。その人らしく。いいことも悪いことも。
 まあ、悪いことは直していかなあかんと思う。そういうのをね、手助けできる、支援できる、サポートできるというか。その人が階段を上がっていくうえで、それを一緒に手をとってじゃないですけど、上がっていけるのを喜びと思える、肌で感じられるというか。
 福祉の仕事に一歩踏み出したいと思っておられましたら、この職場に飛び込んでみてください。自然に利用者さんのおかげで、自分自身も2歩3歩4歩前にでることができますよ~ってこと。逆にこちらが元気をもらうことも多々ありますし。
 ちょっと興味がある人は、まずやってみたらその1歩が、あなたの2歩3歩につながるかもしれません!!私は楽しくやらしてもらってます。
 

アテナ平和(H27.3入社) 生活支援員(生活介護)

入職したきっかけは?

 身内に知的障がいのある人がいて、以前より障がい者を支援する仕事をしてみたいと思っていました。そんなときに生活支援員を募集しているのを見つけて、アテナ平和を見学させていただきました。見学の際、職員の方が大変親切に説明してくださったり、たくさんの利用者さんが私に挨拶しにきてくださったりととても良い雰囲気を感じました。私もここで働いてみたいと思い、入職しました。

 

勤続できているその要因は?

 私が働いているメロディは日々の活動や外出が充実したものになるようにと職員の方が利用者さんに希望を聞きながら新しい取り組みを考えています。それに非常勤職員もアイデアを出したり、一緒に考えたりすることを大事にしておりどんな些細なことでも話しやすい職場です。また、そのようにして考えたもので利用者さんに楽しんでいただけると、とてもやりがいを感じます。こうした環境で働けていることが勤続できている要因だと思います。

 

あなたの好きな正義のヒーローは?そして福祉における正義のヒーロー像とは?

 私にとってのヒーローは子どものときから今でもアンパンマンです。町の平和のために仲間とともに戦い、お腹が空いた人に自らの顔を提供する優しさ…。「アンパンマンのマーチ」の歌詞はまさにヒーローのあるべき姿そのものだと思います。

 福祉におけるヒーロー像もやはり、困っている人を助けるために、仲間と協力し、その人の求めているものが提供できる…そして皆から信頼されるそんな人だと思います。

たんぽぽ園(H27.3入社) 保育士

 
 たんぽぽ園を選んだ理由は何ですか?
 学校を卒業してからずっと、子どもと関わる仕事に就いてきました。一度離れて、やっぱり毎日にぎやかに子ども達と過ごしたい!と思い、この仕事に戻ってきました。
 
 
 仕事でのやりがいや魅力、苦労したことは何ですか?
  こう声掛けをしてみよう、これに一緒に取り組んでみようと、いろいろ考えても思うように進まないことも多いですが、子ども達の出来る事がひとつ増えた時や新しい言葉を獲得した時など、成長を隣で一緒に感じ、喜ぶ事が出来る!!やりがいだらけです!
 
 
 福祉の仕事へ飛び込んでくる方へメッセージをお願いします。
  「一緒に遊ぼう!」「せんせい好き!」素直に嬉しいそんな言葉をきらきらした目で伝えてくれると、どんな疲れも吹き飛びます。
  悩む事も多いですが、それ以上にあたたかい気持ちになったり、笑顔にさせてくれたり。
  正直、楽しい事ばかりではありませんが、一度、飛び込んでみる価値ありの仕事ですよ!!
 

各駅停車(H18.10入社)世話人(グループホーム)

・各駅停車で働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
 いつも黙っていておとなしい利用者さんが、カセットテープの音楽に合わせてリズムをとりながら、手を上げ踊りだしたことです。
 
・あなたにとって、この仕事の魅力は何ですか?
 新しい利用者さんに接する度に、色々な個性をもっておられるので、新しい発見です。ある一面では
私より優れていると思うことも度々あります。 
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします
 各々の利用者さんに合ったケアをするには、心を開いてもらうことが大事です。その為にはよく様子を伺い、長所・短所を知ることと、すぐ諦めないことです!!

各駅停車(H25.4入社)生活支援員(生活介護)

・生活介護シルフで働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
 10代から60代男女のご利用者が作業や活動を通じ、元気で明るく毎日を楽しく過ごされていることに驚きました。
 何の経験もなく働きだすことへの不安もあり、ご利用者の皆さんとどのように接したら良いかもわかりませんでしたが、まわりのスタッフの方々に助けて頂きながら、いろいろな作業や活動を通してご利用者の皆さんと接するうちに、少しずつお話が出来るようになり嬉しかったことをおぼえています。また、活動後にご利用者から名前を呼ばれ、「ありがとう、楽しかったです」や「また一緒に歌いましょう」や「また一緒に踊りましょう」と言われたときは、『ああ、良かったなあ』と嬉しさでいっぱいです。
 
・あなたにとって、この仕事の魅力は何ですか?
 ご利用者が行う作業のお手伝いや、いろいろな活動を一緒に行うことで、作品を作り上げる喜びや活動後の達成感をご利用者と一緒に感じることが出来ることです。
 いろいろな障がいをお持ちのご利用者がおられ、コミュニケーションの取り方や支援方法も異なり戸惑うこともありますが、ご利用者から笑顔で話しかけられたり、楽しそうな姿を見ると自然に明日も頑張ろうという思いに駆られます。
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。
 福祉に携わる仕事を自分に勤めることが出来るのだろうか?と最初は不安でいっぱいでしたが、個性豊かなご利用者からいろいろなことを教わったり助けて頂いたりする中で、少しずつ不安が消え、毎日楽しくご利用者と接することが出来るようになりました。
 時には大変なことや辛いこともありますが、ご利用者の皆さんと一緒に喜んだり、楽しんだり、悲しんだり、笑顔になれたりすることで、自分自身の学びや成長につながるとてもやりがいを感じられる仕事だと思います。
 これから福祉の仕事に携わろうと考えている皆さんにも、こんな気持ちを是非感じて頂ければと思います。

各駅停車(14年目)生活支援員(生活介護)

・各駅停車で働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
 実際に働くまで障がいに対しての知識がなく、障がいのある方の全てを助けるものだと思っていましたが、絵が得意な方、裁縫が上手な方、色々な方がおられ、こちらが助けてもらうこともあり、一緒に素敵な作品を作り上げたときは嬉しさでいっぱいです。
 
・あなたにとって、この仕事の魅力は何ですか?
 先ほどお話ししたように、一緒にいろんな作品を作り上げること。素直な方ばかりなので、毎日新鮮な気持ちで過ごせること。
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。
 障がいといっても、1人1人対応が違うので難しいところもありますが、色々な活動を一緒にやっていくと、毎日発見があったり、仕事というだけよりも毎日楽しく過ごさせてもらっています。
 やりがいもあり、自分自身も成長できると思うので、ぜひ頑張ってもらいたいです。

各駅停車(13年目)ヘルパー(ヘルパー事業所)

びっくりしたこと・うれしかったこと
初めてグループホームへ訪れた日、ドキッとしたことを覚えています。「私に支援が出来るのか」と・・・でも、コミュニケーションをとって行動すると、利用者さんの表情が豊かで、なんとも言えないような心地よい笑みが嬉しかったです。
 
魅力
一緒に活動したり、行動していく中で、新しい発見があったり、出来なかったことが出来たり、その反面、対応に戸惑う日もありました。でも、今日はどんな表情をされるのか、どんな場面に出合うんだろうかと、ワクワクしています。「今日は楽しかった」「また一緒に行こうね」などと言われたときは、このうえない幸福を感じます。
利用者さん達に私自身がとても成長させて頂き、心が綺麗になる事です。
 
メッセージ
ガイドヘルパーは、1対1の支援で、色々な場で、いろいろな経験もしていきます。利用者さんの好きなことを引き出し、興味を持って頂いたり、コミュニケーションを大切にしながら行動します。支援に不安や心配事があった時は、事務所の職員やヘルパーさんとの情報交換などで対応することができ、リフレッシュして、また元気に支援に入れます。視野も広がり、なんと言っても私自身が利用者さんに成長させて頂いているので、福祉の世界に飛び込む魅力はありますよ~
一緒にがんばりましょう。

じょいふるはかた(H23.8入社) 職業指導員(就労B)

じょいふるはかたで働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
(以前はグループホームの世話人をしていました)
びっくりしたことや嬉しかったことは数多くありますが、一番始めに思い出すことは、普段発語のない利用者さんに爪切りの衛生支援を行った際、爪切りが終わるとその方が深々と頭を下げ、「ありがとう」と言ってくれたことです!あの時はとても驚き嬉しくって、興奮してしまいました。
 
あなたにとって、この仕事の魅力はなんですか?
利用者さんの気づかないこと、わからないことを手助け、助言、代弁させていただくことで、少しでも障がいをお持ちの方に役に立っているとの必要性を感じられることです。  
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。
最初は私に出来るかとの不安もありましたが、様々な個性をお持ちの利用者さん達がとても優しく愉快で、時にはすごく頼りになることもあったことで自然と不安が消え、私を笑顔にさせてくれました。そんな魅力ある利用者さんたちと一緒に楽しくお仕事ができることは、とても幸せなことだと思います。

じょいふるはかた(H28.2入社) 世話人(グループホーム)

この仕事の魅力

 信頼関係が出来るまでは、分かり合えない事もありますが、その中で思いがけない言葉や行動があった時に、それまでの苦労が吹き飛ばされます。楽しくお仕事させていただいています。

 

福祉の仕事へ飛び込んで来る方へのメッセージ

 利用者様11人個性もあり、大変なこともあると同時に、利用者様から教えていただくこともいっぱいあります。

利用者様の支援の中で、利用者様の成長だけではなく、私自身の成長にも繋がっているのだと思います。

メロディ(H29.4入社) 生活支援員

メロディで仕事を続けられる要因は?
働かせて頂いて1年が経ちました。現在も子ども園に通っている末っ子が一人いる中、9年ぶりの仕事だったので不安もありましたが、毎日楽しく仕事をさせてもらっています。勤続できているのは、育児と仕事を両立できるようにシフトにご配慮下さり、ライフワークバランスが保てているからです。
 
この職場の魅力は?
“ご利用者本位の姿勢で“一人ひとりのご利用者に合わせた関わり方・言葉や行動を待つ・見守る支援の実践を大切にしている事が魅力だと思います。
 
この仕事を始めようとしている方へのメッセージ
私が障がい者福祉の現場で仕事をさせて頂く前は高齢者福祉に関する仕事をしていました。その中で学んだ一つは“人の発言や行動には必ず理由がある”ということです。障がい者福祉の現場でも同じだと思います。一人の“人”として当たり前のことを当たり前に、ご利用者の声にならない声も含めて大切に聴かせて頂きながら一緒に仕事しませんか?
 
TOPへ戻る