非常勤職員の声

  • HOME  > 
  • 非常勤職員の声
 

ぶるうむ此花(H27.6入社) 支援員(生活介護)

ぶるうむ此花(H27.6入社) 支援員(生活介護)
 
ぶるうむ此花で働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
 利用者の方の明るさとパワフルさです。今まで、障がいをもたれている方とたくさん接したことはなかったのですが、1人1人がとても元気なことに驚かされました。
 また嬉しかったことは、私が間違った時やわからないことがあると、やさしく指導してくださる職員の方に囲まれていることや、利用者の方お一人ずつ表現の仕方は様々ですが、少しずつ一緒にコミュニケーションをとれるようになってきたことです。
 
あなたにとって、この仕事の魅力はなんですか?
 毎日毎日、1つ以上はわからないことに出会います。ですが、それを乗り越えようと自分で考えたり、他の職員の方に教えてもらったりするうちに、自分が少しずつ成長できることです。施設内だけで必要なスキルだけではなく、様々なことを日々の活動を通して学ぶことができます。また、わからないことが解決した時や利用者の方と少しずつ心が通じた時はとてもやりがいを感じます。
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。
 折れないこと!を大切に何事にも挑戦していく中で、新しい発見が必ずあります。時には悩んだり困ったり、苦しいこともあるかもしれませんが、折れずに努力することで、やりがいや喜びは何倍にもなります。沢山のことを経験しながら自分自身も成長できるものだと思います。
 

ぶるうむ此花(H28.2入社) 支援員(生活介護)

ぶるうむ此花(H28.2入社) 支援員(生活介護)
 
自己紹介
 同じ大学の先輩からの誘いを受け、行事のボランティアに来させていただいた時に、いい職場だと感じるとともに、福祉の仕事に興味を持ったので働きはじめました。
 
ぶるうむ此花で働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
 びっくりしたことは、職員の方々が利用者さんのことをよく見ているのに驚きました。
 作業を進めながらでも、利用者さんの動きに対して常に注意を払って、対応していることがすごいなと感じました。
 
あなたにとって、この仕事の魅力はなんですか?
 毎日新しいことが起こり、同じ日が1日も無いことです。
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。
 明るい利用者さんたちと楽しく過ごせます。
 覚えることがたくさんあり、しんどいこともありますが、やりがいを感じられる仕事です。
 

IL伯太(H27.4入社) 支援員

IL伯太(H27.4入社) 支援員
 

この仕事を始めてびっくりしたこと・嬉しかったことはありますか?
 印象に残っていることは、この仕事を始めて数か月後に利用者さんと天王寺動物園に行った時のこと。それから1週間ぐらい、毎日「動物園楽しかったわ!また行こな!」と、笑顔いっぱいで話しかけていただいたことが今でも忘れられません。

 

この仕事の魅力を教えてください

 60歳を超えてから福祉の仕事に携わることになり、最初はとまどうことが多くありました。しかし自然と仕事にも慣れて、今では利用者さんの作業の一つ一つが着実に社会に貢献しているんだとの想いで、誇りを持って仕事に臨んでいます。

 

この仕事を始めようとする方へメッセージをお願いします
 『個人の力』が発揮できる職業だと思っています。少しでも興味・関心があれば、ぜひチャレンジしていただきたいです。

 

さつき園(7年目)目標工賃達成指導員

さつき園(7年目)目標工賃達成指導員
 
・さつき園で働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
 はいってみてびっくりしたことは、個性の特質。利用者さんの個性。それぞれの個性。それぞれの特化した部分というか、特質というか。それがそれぞれ本当に個人個人みなさん、こう違うものを持ってらっしゃって、そこをどう見分けるか?どこをどういう風に支援したらいいのか?
 嬉しかったことはいっぱいあります。毎日です。本当にきれいごとでもなんでもなく、お元気で、おはようって挨拶してもらえるだけで嬉しいです。
 
・あなたにとって、この仕事の魅力は何ですか?
 “ここに来て元気になる”とか“家でしんどくてもここに来たら元気でる”とか、ほんまにそうなんです。で、逆にまたしんどい時もあるんですけど、それがこの仕事の魅力。事務仕事にはない、オフィスレディにはない、人と人との関わりを持ってこっちも慶びを分かち合えるというか、一緒に喜べるとか。
作業を進めていく上で、利用者さんを頼りにすると、利用者さんが自ら作業の段取りを組まはるんです。私の出来る範囲でどこまで手助けできるか、困っている時は話を聴くだけでもこの人、気が楽になるんかな、とか…。
 そんな人と人との関わりをもてるっていうのはこの仕事の一番の魅力やと思います。
 つらい時も楽しい時も含めて。
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。
 らしく生きる。らしく生きるんですよ。その人らしく。いいことも悪いことも。
 まあ、悪いことは直していかなあかんと思う。そういうのをね、手助けできる、支援できる、サポートできるというか。その人が階段を上がっていくうえで、それを一緒に手をとってじゃないですけど、上がっていけるのを喜びと思える、肌で感じられるというか。
 福祉の仕事に一歩踏み出したいと思っておられましたら、この職場に飛び込んでみてください。自然に利用者さんのおかげで、自分自身も2歩3歩4歩前にでることができますよ~ってこと。逆にこちらが元気をもらうことも多々ありますし。
 ちょっと興味がある人は、まずやってみたらその1歩が、あなたの2歩3歩につながるかもしれません!!私は楽しくやらしてもらってます。
 
 

アテナ平和(H20.12入社) 生活支援員(生活介護)

アテナ平和(H20.12入社) 生活支援員(生活介護)
 
・アテナ平和で働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
入職時にご利用者のみなさんが、あたたかく受け入れてくれたのが印象的でした。また、スタッフのみなさんも親切に指導してくれたのは嬉しかったです。
 
あなたにとって、この仕事の魅力はなんですか?
ご利用者支援には答えがないだけに、試行錯誤しながら日々取り組んでいますが、ふと気づくとご利用者と共に自分自身の成長も実感できるところです。  
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。
始めは不安もあると思いますが、スタッフのみなさんが丁寧に指導してくれるので、安心してチームワークよく働くことができます。また、ご利用者支援は大変なこともあるけど、楽しくて本当にやりがいのある仕事ですよ。
 

たんぽぽ園(H25.11入社) 指導員(放課後事業)

たんぽぽ園(H25.11入社) 指導員(放課後事業)
 
・たんぽぽ園で働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
 前職が事務職だったので、始めの頃は児童にどう接していいかとまどったこともありましたが、同僚や上司の方々のアドバイスや、自分なりの知識・経験で接していくうちに、徐々に児童との信頼関係も出来てきたように思います。嬉しいことは、個々の児童が今までなかなか出来なかったことが少しでも出来たりしたとき、また、児童の笑顔を見れたときは、とってもハッピーになります。
 
・あなたにとって、この仕事の魅力は何ですか?
 発達障がいを持たれている児童とコミュニケーションをとることは、時には難しく、根気のいることですが、児童の素直で優しい心に触れ合えたとき、自分の存在が少しでも役に立てるなら!!!という仕事へのモチベーションが上がります。やりがいがり、自分を成長させてくれる仕事です。 
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。
 自分の思い描いている福祉の仕事と、実際の現場は違うかもしれません。しかし、ヤル気と根気・元気プラス低い心で通ったなら、きっと福祉の仕事の素晴らしさが見えてくると思います。
 私もまだまだやっと2年目です。共に頑張りましょう!
 

たんぽぽ園(H26.5入社) 指導員(放課後事業)

たんぽぽ園(H26.5入社) 指導員(放課後事業)
 
・たんぽぽ園で働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
 以前も障がい児・障がい者支援の勤務経験がありましたが、ブランクがあり不安な気持ちで過ごしていた中、外遊びの時に児童がいきなり草を取り口の中へ入れ、とてもびっくりしました。注意するとどんどんエスカレートすることがわかっていたので、上手に止めさせるタイミングがとても難しかったことはよく覚えています。
 
・あなたにとって、この仕事の魅力は何ですか?
 体力的には大変なときもありますが、日々の支援の中、長期的でも成長の過程を見れることは最大の魅力だと思います。 
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。
 介護や障がい者支援は、身体的に大変なことも多いけれど、日々の介護や支援の中、その倍以上会話や笑顔にほっこりすることが多く、自分も成長できます。
 

各駅停車(H18.10入社)世話人(グループホーム)

各駅停車(H18.10入社)世話人(グループホーム)
 
・各駅停車で働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
 いつも黙っていておとなしい利用者さんが、カセットテープの音楽に合わせてリズムをとりながら、手を上げ踊りだしたことです。
 
・あなたにとって、この仕事の魅力は何ですか?
 新しい利用者さんに接する度に、色々な個性をもっておられるので、新しい発見です。ある一面では
私より優れていると思うことも度々あります。 
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします
 各々の利用者さんに合ったケアをするには、心を開いてもらうことが大事です。その為にはよく様子を伺い、長所・短所を知ることと、すぐ諦めないことです!!
 

各駅停車(H25.4入社)生活支援員(生活介護)

各駅停車(H25.4入社)生活支援員(生活介護)
 
・生活介護シルフで働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
 10代から60代男女のご利用者が作業や活動を通じ、元気で明るく毎日を楽しく過ごされていることに驚きました。
 何の経験もなく働きだすことへの不安もあり、ご利用者の皆さんとどのように接したら良いかもわかりませんでしたが、まわりのスタッフの方々に助けて頂きながら、いろいろな作業や活動を通してご利用者の皆さんと接するうちに、少しずつお話が出来るようになり嬉しかったことをおぼえています。また、活動後にご利用者から名前を呼ばれ、「ありがとう、楽しかったです」や「また一緒に歌いましょう」や「また一緒に踊りましょう」と言われたときは、『ああ、良かったなあ』と嬉しさでいっぱいです。
 
・あなたにとって、この仕事の魅力は何ですか?
 ご利用者が行う作業のお手伝いや、いろいろな活動を一緒に行うことで、作品を作り上げる喜びや活動後の達成感をご利用者と一緒に感じることが出来ることです。
 いろいろな障がいをお持ちのご利用者がおられ、コミュニケーションの取り方や支援方法も異なり戸惑うこともありますが、ご利用者から笑顔で話しかけられたり、楽しそうな姿を見ると自然に明日も頑張ろうという思いに駆られます。
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。
 福祉に携わる仕事を自分に勤めることが出来るのだろうか?と最初は不安でいっぱいでしたが、個性豊かなご利用者からいろいろなことを教わったり助けて頂いたりする中で、少しずつ不安が消え、毎日楽しくご利用者と接することが出来るようになりました。
 時には大変なことや辛いこともありますが、ご利用者の皆さんと一緒に喜んだり、楽しんだり、悲しんだり、笑顔になれたりすることで、自分自身の学びや成長につながるとてもやりがいを感じられる仕事だと思います。
 これから福祉の仕事に携わろうと考えている皆さんにも、こんな気持ちを是非感じて頂ければと思います。
 

各駅停車(12年目)生活支援員(生活介護)

各駅停車(12年目)生活支援員(生活介護)
 
・各駅停車で働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
 実際に働くまで障がいに対しての知識がなく、障がいのある方の全てを助けるものだと思っていましたが、絵が得意な方、裁縫が上手な方、色々な方がおられ、こちらが助けてもらうこともあり、一緒に素敵な作品を作り上げたときは嬉しさでいっぱいです。
 
・あなたにとって、この仕事の魅力は何ですか?
 先ほどお話ししたように、一緒にいろんな作品を作り上げること。素直な方ばかりなので、毎日新鮮な気持ちで過ごせること。
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。
 障がいといっても、1人1人対応が違うので難しいところもありますが、色々な活動を一緒にやっていくと、毎日発見があったり、仕事というだけよりも毎日楽しく過ごさせてもらっています。
 やりがいもあり、自分自身も成長できると思うので、ぜひ頑張ってもらいたいです。
 

じょいふるはかた(H23.8入社) 職業指導員(就労B)

じょいふるはかた(H23.8入社) 職業指導員(就労B)
 
じょいふるはかたで働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
(以前はグループホームの世話人をしていました)
びっくりしたことや嬉しかったことは数多くありますが、一番始めに思い出すことは、普段発語のない利用者さんに爪切りの衛生支援を行った際、爪切りが終わるとその方が深々と頭を下げ、「ありがとう」と言ってくれたことです!あの時はとても驚き嬉しくって、興奮してしまいました。
 
あなたにとって、この仕事の魅力はなんですか?
利用者さんの気づかないこと、わからないことを手助け、助言、代弁させていただくことで、少しでも障がいをお持ちの方に役に立っているとの必要性を感じられることです。  
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。
最初は私に出来るかとの不安もありましたが、様々な個性をお持ちの利用者さん達がとても優しく愉快で、時にはすごく頼りになることもあったことで自然と不安が消え、私を笑顔にさせてくれました。そんな魅力ある利用者さんたちと一緒に楽しくお仕事ができることは、とても幸せなことだと思います。
 

じょいふるはかた(H24.9入社) ヘルパー(ヘルパー事業所)

じょいふるはかた(H24.9入社) ヘルパー(ヘルパー事業所)
 
じょいふるはかたで働いてみて、びっくりしたこと、嬉しかったことを教えてください。
 驚いたことは、支援させて頂いている利用者さんに「サヴァン症候群」の方がおられるのですが、その方はいつも、TVコマーシャルや様々な施設の館内放送、電車の車内放送…などを一言一句間違うことなく暗唱される特技があります。ただ、これと同様のことを得意とされている人は他の施設などにもおられると思いますが、この方の凄いところはランダムな年月日の曜日を瞬時に答えることが出来るところです(カレンダー計算というそうです)。
 嬉しかったことは、お出かけをした休日の帰りの電車内での出来事です。休日の車内はそれなりに混んでいましたが、幸いにも利用者さんと私は優先席に向かい合って座ることができました。数駅の停車を繰り返した頃から、しきりに私の背後を機になさるので「○○さん、乗換駅に着いたら声かけしますので、ゆっくり休んでください」と伝えました。しかし、一向におさまる気配がないので、さすがに私も気になり後ろを振り向いて状況を確認しますが、私達が気にするような光景は見当たりません。その後、私が何度か振り返りを繰り返していると、そのうち利用者さんが立ち上がって席を離れましたので、私もすぐに対応できるように、腰を浮かし行き先を注視しておりましたら、何と!私のシートの後ろに立っている腰の曲がった小さなおばあさんの背中を押しながら、「こっちに座り」と優しく気遣いながら誘導された時の思い出が一番嬉しかったです。
 
あなたにとって、この仕事の魅力はなんですか?
 ガイドや身体支援などの仕事を終え、グループホームを退出するときに、入居者さん達が各人各様の見送りの挨拶をくださいます。ベッドに横になったまま目だけを動かしてくださる人、強く握手をくださる人、玄関ドアまで来てくださって「気をつけて帰ってください!」と祈ってくださる人、「また今度!」と手を挙げてくださる人など、ホームを退出してから暫くの間、その人達の言葉や仕草が折り重なった、心地良い想念が私の背中にソワソワと貼りつき、何とも言えない気持ちを与えてくださるときです。  
 
・福祉の仕事へとびこんでくる方へのメッセージをお願いします。
 仕事柄、様々な症状を持たれた人達を支援させていただく中、必ず壁に突き当たります。思うようにいかない事案、腹が立ち、自分の主張を押し通してしまいたいとき…腹が立つのは相手(環境もあるでしょうが)が悪いからではなく、腹を立てる自分があるからだ…と一度思いとどまってみます。人様の支援は思うようには決していかないものだと…。あの人もこの人の支援も人生修行の種と思わせていただけたなら、様々な困難にも対応できる人間になれるのではないかと思います。
 家庭内の支援が中心のホームヘルパーと異なり、ガイドヘルパーは1対1の関係でありながら、外に出る活動の中で色々な人と出会い、様々な経験の場が提供されます。その体験の中、利用者さん一人一人の生活の幅を拡げていく支援である、と同時に利用者さん達個々の発達の可能性を追求させていただけることができる支援でもあると思います。
 ​ ​法​人​本​部​事​務​局​
 
社会福祉法人
日本ヘレンケラー財団
〒545-0011
大阪府大阪市阿倍野区
昭和町3-4-27
TEL.06-6628-2229
FAX.06-6629-6239
-------------------------
(1) 第一種社会福祉事業
イ. 救護施設の経営
ロ. 障害児入所施設の経営
ハ. 障害者支援施設の経営
(2) 第二種社会福祉事業
イ. 障害福祉サービス事業の経営
ロ. 一般相談支援事業の経営
ハ. 特定相談支援事業の経営
ニ. 障害児相談支援事業の経営
ホ. 移動支援事業の経営
ヘ. 地域活動支援センターの経営
ト. 無料及び低額宿泊所提供事業の経営
チ. 障害児通所支援事業の経営
qrcode.png
http://helenkeller.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

421262
<<社会福祉法人 日本ヘレンケラー財団>> 〒545-0011 大阪府大阪市阿倍野区昭和町3-4-27 TEL:06-6628-2229 FAX:06-6629-6239