ミネルヴァあべの

 

入居申込み受付について

入居申込み受付について
 
『ミネルヴァあべの』では、4月1日(土)より『ミネルヴァあべの』現地にて入居申込受付を行っています。
 
 現在も若干名空きがございますので、このホームページ上ならびにミネルヴァあべのにて入居申込書の配布を引き続き行っております。そこに同封している案内をよくご覧いただき、必要書類をご用意の上、以下の方法にてお申込みください。よろしくお願いいたします。
 
 
【お申込み方法】
 1.ミネルヴァあべのへ直接ご持参
    月~金 9:30~12:30 13:30~17:00
   (それ以外のお時間に来られる際はお電話にてご連絡下さい)
 
 2.ミネルヴァあべのにご郵送 
 
【所在地】
  〒545-0003 大阪市阿倍野区昭和町3-4-27
   ℡:(06)6629-1110
   地下鉄御堂筋線 昭和町駅・西田辺駅より徒歩7分
   JR阪和線 南田辺駅より徒歩10分
   地下鉄谷町線 文の里駅より徒歩12分
   
 
 
 ご入居者決定は申込先着順ではございません。よくご検討の上、お申込みください。
 
 なお、入居申込書の配布は、引き続き法人本部ならびにミネルヴァあべのにて行っております。
 
 その他、ご不明な点やご質問がございましたら、ミネルヴァあべのまで直接お電話ください。
 よろしくお願いいたします。
担当:森・濱原
 
 
 
 
 
 

「入居者募集のご案内」のダウンロードはこちらから

「入居者募集のご案内」のダウンロードはこちらから
 
 

「大阪市所定の申込書」のダウンロードはこちらから

「大阪市所定の申込書」のダウンロードはこちらから
   
 

施設日誌

施設日誌
フォーム
 
オープンから4か月経ちました❕❕
2017-08-07
  最近、更新が2か月に1度のペースになっていて、
 
「ミネルヴァあべのって、本当にやっているのかな?」
 
なんてご心配の皆様。
 
安心してください。ちゃんとやってますよ❕❕(ちょっと古いギャグでしたが…。)
 
 
 ユニット式特別養護老人ホームとしてオープンして早や4か月、
 
ご入居された方々もミネルヴァでの生活に慣れて来られて、ユニット型の共同生活室で仲良く会話されたり、
 
一緒にトランプや将棋などのゲームをして過ごされる姿がよく見られるようになってきました。
 
別のユニットでは、スタッフと一緒におやつ作りをしたり、テレビで阪神タイガースの応援をしたりするなど、
 
ユニット毎の特性を生かしながら、日々の生活を楽しんでいる姿が見られるようになりましたsmiley
 
 
 また、ボランティアの方も音楽ボランティアさんや、以下の通りご来所頂き、入居者の方々も笑ったり、楽しく歌ったり、素晴らしい演奏に聞き入るなど、楽しい時間を過ごして頂いております。
 
5月30日 落語やマジック・腹話術・ハーモニカ
7月10日 津軽三味線
7月24日 フルート演奏
 
今後も、ボランティアさんによる人形劇やオカリナ演奏なども予定しています。
 
 
 一方、ホーム独自の取り組みとして、希望される入居者の方が、一緒に歌って声を出したり、身体を動かすなどの活動を
 
”なんちゃってデイサービス”という名称で、月3回のペースで導入し、概ね好評をいただいております。
 
 
 この様に、活動が少しずつ始まっていく中で、生活の幅が広がりつつあるのが感じられるようになってきました。
 
 
 去る8月1日には、なんと!PLの花火大会が6・7階から見えることがわかり、
 
即興で花火鑑賞会が開かれ、非常に喜んでいただきました。
 
 
 また、来る23・24日には地域の地蔵盆が当ホーム敷地周辺で行われる予定です。
 
ぜひその際も多くの方にご参加いただき、小さな頃を思い出しながら楽しんでいただきたいと思います。
 
 
福祉避難所の協定を結びました
2017-05-21
 ミネルヴァあべのがオープンして早や1か月半
 
 皆様にお伝えしなければいけないことが多々ある中、
 なかなかHPを更新できず申し訳ございませんでした(毎回同じことを言っているような(;'∀'))
 
「ミネルヴァあべのって、本当にやっているのかな~」
「見学や相談に行っても開いてなかったらどうしよう
 
 などとご心配の方、ご安心ください。
 
 日々ご入居の方を迎え、スタッフも毎日新たな発見があるなか、
 ユニットケアの理念に則ったサービスを展開しようと、
 試行錯誤しながらですが、なんとか無事にやってます(笑)
 
 
 そんな姿を見ているご入居者様からは多くの笑顔が見られ、
 いろいろな場面でお手伝いをしてくださる方もいらっしゃいます。
 
 ご家族様からも、毎日のように面会に訪れてくださる方や、
 スタッフが大変そうと見るや、他のご入居者様の見守りをしてくださる方など居られ
 ご入居者様も安心して生活できる環境づくりにご協力いただき、感謝しています
 
 と…、まだまだお話したいことがあるわけですが、また後日お伝えするとしまして、
 とりあえず本題に
 
 去る4月24日(しばらく時間が経ってしまいましたが…)
 阿倍野区役所と災害時に福祉避難所・緊急入所施設として使用するための協定を締結しました
  
 昨年の熊本地震の際に、様々な面からクローズアップされた福祉避難所ですが、
 今後想定される東南海地震等、災害時に福祉避難所として機能していくために、
 防災に関して、周辺地域との連携を今後密に行っていきたいと考えています。
 
2017年4月1日 『ミネルヴァあべの』オープンしました‼
2017-04-03
長らく更新できず、申し訳ございませんでした。
 
実は、今年に入って着々と準備を進めた結果、
 
2017年4月1日、ユニット型特別養護老人ホーム『ミネルヴァあべの』がオープンすることが出来ました。
 
これも、ひとえに工事関係者・関係機関ならびに地域の皆様のご協力があってこそと思っております。
本当にありがとうございました。
 
翌4月2日からはご入居も始まり、いよいよ本格的に稼働しております。
 
今後は、こまめに情報をアップできればと思っておりますので、ご期待ください。
 
『ミネルヴァあべの」では、引き続きチームの一員として一緒に働いていただける方(介護スタッフ、看護師、調理員、相談員)を募集しております。
 
ご希望の方は『ミネルヴァあべの」までご連絡ください。
 
 
介護技術研修を実施しました
2016-12-24
 去る12月16日(金) 13:30~16:30、基礎研修の第2弾として「介護技術研修」を実施しました
 
 今回は大阪城南女子短期大学 人間福祉科の長橋幸恵先生、多田鈴子先生を講師に迎え、
会場も同大学第五学舎にある介護実習室をお借りし、実際に現場で使う介護機器なども体験しながら話を進めていただきました。
 
 特に中心となったのが、ボディメカニクスに沿った介助方法です。
 入居者・職員ともできるだけ身体的負担を軽減しながら介助を行う方法を、実践を交えながら学ばせていただきました。
 一昔前の介助方法で学んできた筆者から見ると、介護の方法もこの10年あまりの間に大きく変化している事に衝撃を受けました。
 ただ、実際に学んでみると、入居者さんが自分の持っている力を発揮しながら負担なくサービスを受けていただくため、またサービスを提供していく職員側も腰痛等身体的負担を減らすためにも、開所までにはきちんと全職員がマスターする必要があることを実感しました。
 
 最後に、この研修に多大なご協力いただきました大阪城南女子短期大学人間福祉科の皆様に、この場にてお礼を申し上げます。
 
第1回職員研修会を行いました
2016-12-10
 2016年も年の瀬を迎え、寒さが身に染みるような季節になってきました
 
 建設工事の方がピッチを上げながら順調に進捗する一方、実際ミネルヴァあべので勤務する予定の職員側も開設に向け、よりよいサービス提供を行うべく並行しながら準備を行っています
 
 今回はその一環として、去る12月8日(木)に「ミネルヴァあべの」への配属が予定されている職員が一堂に集まり、第1回職員研修会を実施いたしました。
 
 
 この研修会は、以下の3点をスタッフ全体で理解・共有することを目的に、12月中に2回実施される予定にしています。今回はその1回目として以下の①②について座学中心の研修を行いました。
 
①法人理念・施設方針に沿って、ミネルヴァあべのとして目指す方向性を職員全体で共有すること
②ユニットケアの理念を理解し、入居者が地域から継続した暮らしを営む場所で行う個別ケアの視点を持つこと
③基礎的な介護技術を身につけ、どの職員が介護しても同じサービスを提供できること
 
 
 今回の研修内容を一部紹介いたしますと、まず午前中は、開設準備室の松岡室長から「ミネルヴァあべの」の概要・基本理念ならびにユニットケアの理念と意義について説明を行い、周知を図りました。
 
 そして午後からは、ユニットリーダー就任予定の職員がチームとなり、ユニットリーダー研修等で学んできた内容に沿って、「24時間シート~一人ひとりの24時間の暮らしを知る方法~」や「高齢者の生活とその環境に」、「朝の時間について」「食事について」「入浴・日中・夜間の過ごし方」の各テーマごとに研修資料にまとめ、2時間半をかけて説明を行いました。
 
 研修を受講した配属予定職員からは、「研修開始前は新規立ち上げに向け不安を感じていたが、研修後はミネルヴァが目指す方向がわかってよかった」「入居者さんのリズムにあった生活をお手伝いすることができるので楽しみになってきた」との声が聞かれました。職員一同新規立ち上げに向け前向きな気持ちを持ち、意思統一ができた非常に良い機会となりました
 
 今月中には上記の③にあたる基礎介護研修も後日予定していますので、あらためてこの場でご報告いたします
 
 
 
 
1
 ​ ​法​人​本​部​事​務​局​
 
社会福祉法人
日本ヘレンケラー財団
〒545-0011
大阪府大阪市阿倍野区
昭和町3-4-27
TEL.06-6628-2229
FAX.06-6629-6239
-------------------------
(1) 第一種社会福祉事業
イ. 救護施設の経営
ロ. 障害児入所施設の経営
ハ. 障害者支援施設の経営
(2) 第二種社会福祉事業
イ. 障害福祉サービス事業の経営
ロ. 一般相談支援事業の経営
ハ. 特定相談支援事業の経営
ニ. 障害児相談支援事業の経営
ホ. 移動支援事業の経営
ヘ. 地域活動支援センターの経営
ト. 無料及び低額宿泊所提供事業の経営
チ. 障害児通所支援事業の経営
qrcode.png
http://helenkeller.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

453454
<<社会福祉法人 日本ヘレンケラー財団>> 〒545-0011 大阪府大阪市阿倍野区昭和町3-4-27 TEL:06-6628-2229 FAX:06-6629-6239