ミネルヴァあべの

入居申込み受付について

『ミネルヴァあべの』では、4月1日(土)より『ミネルヴァあべの』現地にて入居申込受付を行っています。
 
 現在も若干名空きがございますので、このホームページ上ならびにミネルヴァあべのにて入居申込書の配布を引き続き行っております。そこに同封している案内をよくご覧いただき、必要書類をご用意の上、以下の方法にてお申込みください。よろしくお願いいたします。
 
 
【お申込み方法】
 1.ミネルヴァあべのへ直接ご持参
    月~金 9:30~12:30 13:30~17:00
   (それ以外のお時間に来られる際はお電話にてご連絡下さい)
 
 2.ミネルヴァあべのにご郵送 
 
【所在地】
  〒545-0011 大阪市阿倍野区昭和町3-4-27
   ℡:(06)6629-1110
   地下鉄御堂筋線 昭和町駅・西田辺駅より徒歩7分
   JR阪和線 南田辺駅より徒歩10分
   地下鉄谷町線 文の里駅より徒歩12分
   
 
 
 ご入居者決定は申込先着順ではございません。よくご検討の上、お申込みください。
 
 なお、入居申込書の配布は、引き続き法人本部ならびにミネルヴァあべのにて行っております。
 
 その他、ご不明な点やご質問がございましたら、ミネルヴァあべのまで直接お電話ください。
 よろしくお願いいたします。
担当:森・濱原
 
 
 
 

「入居者募集のご案内」のダウンロードはこちらから

「大阪市所定の申込書」のダウンロードはこちらから

施設日誌

 

敬老会

2017-09-19
9月18日敬老の日
 
ミネルヴァあべのでは
豪華な料理を中心に各ユニットで敬老の日を盛り上げました
 
 
料理は
以前アンケートで「食べたいもの」の回答が一番多かった
お寿司がメインとして出てきました
 
ネタは、マグロ・サーモン・たまご・うなぎ・えび・いなりの6種類
 
そのほかに、あさりの赤だしや玉子豆腐、
デザートには、羊羹となしの2種類出てきましたheart
 
みなさん「おいしい」と言って食されていましたsmiley
 
    
 
料理のほかにも、色紙やメッセージカードで長寿をお祝いしているユニットもありました
 
みなさんとても喜んでおられて、いつもとはまた違った表情や様子が見られました
来年はもっといい表情が見られる企画を考えようと思います

なんちゃってデイサービス

2017-09-17
7月から月2~3回のペースで実施している『なんちゃってデイサービス』❕❕
 
9月は14日(金)に初開催となりました。
 
皆様、ボールゲームや体操などを楽しみながら、しっかり身体を動かしています。
 
そして、このあとには喫茶タイムというお楽しみが待っています
 
 

玄関の看板が完成しました❕❕

2017-09-07
9月に入り、少し涼しくなってきたかと思えば、今日はこの蒸し暑さsad
日々大変ですね(;´д`)
 
さてこの度、玄関先の看板が完成し、さっそく取り付けられました。
 
実は、これまで敷地に入った後にミネルヴァの看板が無かったため、
敷地内にある救護施設平和寮の入口へ向かわれる方が、これまで多数おられ、混乱を来していました。
 
そのため、ご来客の方が間違えないように、
敷地入口に1か所と玄関に”ミネルヴァあべの”の文字の入った看板を取り付けました。
 
また、玄関には施設理念をドアに取り付けました。
ご来場の際は、ぜひご一読ください❕❕
 
 

オープンから4か月経ちました❕❕

2017-08-07
  最近、更新が2か月に1度のペースになっていて、
 
「ミネルヴァあべのって、本当にやっているのかな?」
 
なんてご心配の皆様。
 
安心してください。ちゃんとやってますよ❕❕(ちょっと古いギャグでしたが…。)
 
 
 ユニット式特別養護老人ホームとしてオープンして早や4か月、
 
ご入居された方々もミネルヴァでの生活に慣れて来られて、ユニット型の共同生活室で仲良く会話されたり、
 
一緒にトランプや将棋などのゲームをして過ごされる姿がよく見られるようになってきました。
 
別のユニットでは、スタッフと一緒におやつ作りをしたり、テレビで阪神タイガースの応援をしたりするなど、
 
ユニット毎の特性を生かしながら、日々の生活を楽しんでいる姿が見られるようになりましたsmiley
 
 
 また、ボランティアの方も音楽ボランティアさんや、以下の通りご来所頂き、入居者の方々も笑ったり、楽しく歌ったり、素晴らしい演奏に聞き入るなど、楽しい時間を過ごして頂いております。
 
5月30日 落語やマジック・腹話術・ハーモニカ
7月10日 津軽三味線
7月24日 フルート演奏
 
今後も、ボランティアさんによる人形劇やオカリナ演奏なども予定しています。
 
 
 一方、ホーム独自の取り組みとして、希望される入居者の方が、一緒に歌って声を出したり、身体を動かすなどの活動を
 
”なんちゃってデイサービス”という名称で、月3回のペースで導入し、概ね好評をいただいております。
 
 
 この様に、活動が少しずつ始まっていく中で、生活の幅が広がりつつあるのが感じられるようになってきました。
 
 
 去る8月1日には、なんと!PLの花火大会が6・7階から見えることがわかり、
 
即興で花火鑑賞会が開かれ、非常に喜んでいただきました。
 
 
 また、来る23・24日には地域の地蔵盆が当ホーム敷地周辺で行われる予定です。
 
ぜひその際も多くの方にご参加いただき、小さな頃を思い出しながら楽しんでいただきたいと思います。
 

福祉避難所の協定を結びました

2017-05-21
寳田 啓行(ほうだ のぶゆき)阿倍野区長(右)と西川 佳夫理事長(左)
 ミネルヴァあべのがオープンして早や1か月半
 
 皆様にお伝えしなければいけないことが多々ある中、
 なかなかHPを更新できず申し訳ございませんでした(毎回同じことを言っているような(;'∀'))
 
「ミネルヴァあべのって、本当にやっているのかな~」
「見学や相談に行っても開いてなかったらどうしよう
 
 などとご心配の方、ご安心ください。
 
 日々ご入居の方を迎え、スタッフも毎日新たな発見があるなか、
 ユニットケアの理念に則ったサービスを展開しようと、
 試行錯誤しながらですが、なんとか無事にやってます(笑)
 
 
 そんな姿を見ているご入居者様からは多くの笑顔が見られ、
 いろいろな場面でお手伝いをしてくださる方もいらっしゃいます。
 
 ご家族様からも、毎日のように面会に訪れてくださる方や、
 スタッフが大変そうと見るや、他のご入居者様の見守りをしてくださる方など居られ
 ご入居者様も安心して生活できる環境づくりにご協力いただき、感謝しています
 
 と…、まだまだお話したいことがあるわけですが、また後日お伝えするとしまして、
 とりあえず本題に
 
 去る4月24日(しばらく時間が経ってしまいましたが…)
 阿倍野区役所と災害時に福祉避難所・緊急入所施設として使用するための協定を締結しました
  
 昨年の熊本地震の際に、様々な面からクローズアップされた福祉避難所ですが、
 今後想定される東南海地震等、災害時に福祉避難所として機能していくために、
 防災に関して、周辺地域との連携を今後密に行っていきたいと考えています。