本文へ移動

地域貢献事業

日本ヘレンケラー財団の地域貢献事業について

 日本ヘレンケラー財団では、これまで各施設において、「開かれた施設」「施設の社会化・地域化」等といった目標を掲げ、近隣地域住民の皆様や関係機関の方々との繋がりを大切に育んできました。これまでの取組みとしては、清掃活動や、防災訓練、お祭り等といった地域イベントへの参加、施設を開放しての季節行事や音楽鑑賞会、福祉講座の開催等といった取組みが挙げられます。このような各施設での取組みについては、当然これからも継続していきますし、取組み内容の更なる質の向上にも努めていきたいと考えています。
 法人設立から約70年に亘りコツコツと育んできた上記のような取組みをベースとして、平成28年度から日本ヘレンケラー財団は、法人全体としても「地域貢献事業」として地域課題への取組みをスタートさせます。
 法人全体とはいえ、北は大阪市此花区、南は阪南市とかなり拠点となる事業所の設置場所には幅があるため、法人全体を「大阪ブロック」「和泉ブロック」「阪南ブロック」の3つに分け、活動を実施することとなりました。このため、よりそれぞれの地域が抱える課題に沿った形での取組みを実施することができるのではないかと考えています。
 これから、ホームページにてそれぞれのブロックの取組みを紹介していきますので、ぜひ皆さん楽しみにしていてください。よろしくお願いいたします!

大阪ブロックの取組み

RSS(別ウィンドウで開きます) 

大阪市内ブロック 地域貢献講演会打ち合わせ会議をしました

2019-01-22
1月21日、今月の26日にアテナ平和で開催いたします大阪市内ブロックの「口腔ケアについて考える~口から食べる幸せを求めて~」の打ち合わせを行いました。
平成に入ってから、多くの自然災害に遭遇しました。災害に見舞われた際にどのようにして口腔ケアを行っていくべきかなどを講演いただきます。竹市氏が実際に被災後の熊本に行かれた際のお話も聞けます。
参加していただける皆さんには、防災グッズも用意しております。開催日までわずかですが、まだ、間に合います。多くの皆様の参加をお持ちしております。
 
≪申し込み・問い合わせ先≫
   障がい者支援施設 アテナ平和 担当:野間口・田島
        06-6629-2062

30年度第2回講演会を実施しました!

2018-12-07
 
去る10月24日に、本年度1回目の地域貢献事業を開催しました。
昨年度はミネルヴァあべのの地域交流スペースで、児童平和寮のスーパーバイザーであり、世界ランク7位のブラインドランナー、谷口真大さんの講演会を実施しました。
本年度は、法人施設を出て、学校へ出前講演をすることにしました。記念すべき第1回目は、児童寮の子どもたちも通う、阿倍野小学校となりました。阿倍野小学校は児童寮が主となり、谷口さんの講演を行う機会をいただきました。学校側が視覚障がいに関する授業を行ったり、点字を勉強したりと、準備をしてくださっていたので、とても有意義な時間を過ごすことができました。子どもたちも、谷口さんの話に吸い込まれるように聞き入り、子どもたちが作った点字名刺を読んでもらうと、とてもうれしそうに喜んでいました。点字名刺を読んでもらうのを待つ間や、読んでもらった後は、教室後方に展示した、点字タイプやユニバーサルデザインの施されたゲームなどに触れていました。
次回の出前講演は、専門学校に行く予定をしています。学校と相談しながら、専門学生さんたちが谷口さんの講演が聞けて良かったと思ってもらえるようなものにしていきたいと思っています。
 
次の大阪市内ブロックの地域貢献事業は、1月26日13時から、「口腔ケアについて考える」をアテナ平和で開催します。災害時の口腔ケアの話もあります。詳細は、近々、ホームページにアップします。事前申し込みが必要ですが、興味のある方はぜひご参加ください。

大阪市内ブロックからのお知らせです!

2018-12-06
 平成31年1月26日(土)に 地域の皆様にむけて

『口腔ケアについて』の講演会を実施します。

 

講師はNPO法人 口から食べる幸せを守る会 副理事長 竹市 美加様を

お迎えし、口から食べることの大切さや 口腔ケアについて、また災害時にどのような事に気を付ければいいのか? など盛りだくさんの内容です。

 

参加された方には防災関連グッズをお渡しする予定となっていますので、

ぜひ、お子様からご高齢の方まで、たくさんのご参加お待ちしております!

 

尚、詳細はご案内のポスターをご確認ください。

事前申し込みとなっておりますので、 ご協力よろしくお願いたします。

 

※ご案内のポスターと申込書はこちらをクリックしてください

平成30年度第6回目の会議を行いました

2018-10-15

 

  10月12日、大阪市内ブロックの第6回打ち合わせ会議を行いました。10月24日に阿倍野小学校にて実施します、第1回出前講演の打ち合わせを行いました。谷口先生のお話と、児童たちが作った点字名刺を谷口先生が読んで、名前を呼んであげることが中心となります。名前を呼んでもらった児童から、教室の後ろに展示する、点字タイプや点字絵本などを見てもらい、そのほか、ユニバーサルデザインについて説明などもできたらと考えています。

平成30年度第5回目の会議を行いました

2018-09-25

 

  9月21日、大阪市内ブロックの第5回打ち合わせ会議を行いました。今年度から実施する、出前講演は10月に阿倍野小学校で行うこととなりました。子供たちは、事前に点字の学習などを行い、点字の名刺を作ってくれるそうです。その点字名刺を講師の谷口さんが読み上げると、児童たちはとても喜ぶそうです。できるだけ多くの児童の名刺を呼んでもらえるように工夫をしていきたいと計画しております。

和泉ブロックの取組み

RSS(別ウィンドウで開きます) 

3月「ふれあい食堂」開催しました

2019-03-18
 
 
「すごい美味しい。これ誰が作ってはんの??」
 
3月16日に、和泉市ブロックの地域貢献活動「ふれあい食堂」を開催しました。3月のメニューは「春のちらし寿司・煮物・おすまし・苺」でした。海老が入って色とりどりのちらし寿司に、厚揚げとお茄子の煮物、アサリがたっぷり入ったすまし汁に苺 (^-^)
ご近所の方が誘い合って、今回も約20名の地域の方がご参加下さいました。最近は親子で参加して下さるご家族もちらほら(^-^)
「すごい美味しい。これ誰が作ってはんの??」と参加していただいた方より、とても嬉しいお言葉をいただき、職員みんなで大喜びでした!\(^o^)/
次回は5月17日(土)の開催を予定しています!春はもうすぐ。季節感たっぷりの食事を御期待下さい!!

1月「ふれあい食堂」開催しました

2019-01-21
 
  平成31年1月19日(土)に和泉伯太住宅にお住まいの方々対象に、「ふれあい食堂」を開催しました。1月とあって肌寒さは感じられましたが、日中は太陽が主役の天候となり、大人16名、お子さん3名の方々が来られました。また、今回は法人の栄養士が見学を兼ねて参加し、にぎやかに準備させていただきました。
 メニューは前回の開催の際に希望の声があったおでんを中心に、「ごはん・おでん・おひたし・豚汁・みかん」でした。次回は3月16日(土)に開催予定ですので、たくさんの方々のご参加お待ちしております。次回のメニューは「春のちらし寿司・煮物・おすまし・デザート」の予定です。

11月「ふれあい食堂」開催しました

2018-11-27
 

平成30年11月17日(土)に和泉伯太住宅にて、「ふれあい食堂」を開催しました。2日前までの天気予報では雨天予報でしたが、当日は太陽が顔を出し、絶好の食堂日和となりました。前回は台風の影響で中止となり、久々の開催となりましたが、たくさんの方に来ていただきました。
メニューは「ちらしずし・小鉢・汁物・みかん」でした。参加された方から、次回のリクエストに「おでん・シチュー」などの要望が聞かれました。たくさんの方々に喜んでいただき、「また来たい!」と思っていただけるよう、担当者で協議しながら準備を進めていきます。
次回の開催は平成31年1月19日(土)の予定ですので、たくさんの方々のご参加お待ちしております。

   

5月「ふれあい食堂」開催しました

2018-06-25
 

     519日(土)いつものようにふれあい食堂を開催しました。今回のメニューは豆ごはん、かきあげ、豚汁、お漬物、ヤクルトです。いつも30食用意して、だいたい20~25人くらいの方が来て下さるのですが、なんと今回は30食全部完売致しましたsmileysmileysmiley いつもの常連さんがお友達を連れてきてくださったり、前から何かやってるみたいだけど、何やってるの?と聞いてきてくださったり、だんだん皆さんに広まって、今後は30食では足りないかもしれないと思う所です。大盛況はうれしい限りです!

3月「ふれあい食堂」開催しました

2018-03-19
 
平成30年3月17日(土)に和泉伯太住宅にお住まいの方々対象に、「ふれあい食堂」を開催しました。前日の雨天が嘘のように晴れ渡り、食堂に足を運んでいただきやすい、心地よい天候となりました。大人24名、お子さん3名の方々にご参加いただき、今までで一番の参加数となり、食堂の認知度と必要性を実感することが出来ました。
 メニューは「中華丼or皿うどんの選択メニュー・しゅうまい・ヨーグルト」と、初めての選択メニューを取り入れました。中華丼がやや人気でしたが、皿うどんを選択された方から、「普段は中華丼だけど皿うどんもおいしかったから、今度は家でも作ってみるわ!」と好評の言葉をいただきました。次回は5月19日(土)に開催予定ですので、たくさんの方々のご参加お待ちしております。次回のメニューは「豆ごはん、新玉ねぎのかきあげ、豚汁、つけもの」の予定です。
 

阪南ブロックの取組み

RSS(別ウィンドウで開きます) 

平成29年第1回目の話し合い(5/16)

2017-05-24

(今年度担当者)

たんぽぽ園・・・・・・・・山田、加藤、西村、中川

さつき園・まつのき園・・・打越、西川、鈴木                                                                          (敬称略)

域貢献の内容をどうするか検討)

福祉避難所を知ってもらえたのは良いが、ウォークラリーの防災グッズの印象が強くなり避難所として知ってもらうには、継続しても良いのではないか。

 

結果)

平成29年度「ウォークラリー」を基本とし、福祉避難所を周ってもらい、地域の方に知ってもらう事と、防災に関係し、備蓄食品などを扱い当日試食するなど、内容とコースの見直しを行うことにした。

 

日時)

平成29年12月17日(日曜日)10:00~12:00(雨天延期)受付9:30~

 

延期の場合)

平成30年1月14日(日曜日)10:00~12:00(雨天中止)

受付9:30~

 

今後の流れ)

・ポスター作製は「まごころ」へ依頼予定。

・昨年度は片面であったが、両面にし、裏面に事業所紹介や「福祉避難所

とは」、平成29年度の福祉避難所事業所一覧を載せてはどうかの意見で

進めていくこととなる。

・阪南市広報に載せてもらうには9月には文章作成、10月掲載、11月

参加者締め切りの予定。

  

次回 平成29年6月29日 16:00~ 場所 たんぽぽ園

福祉避難所をまわろう!ウォークラリー

 12月4日(日)朝は晴れ、昼以降天候の悪化も予想される中、当日の参加者は50名に達しました。スタートとなる「たんぽぽ園」遊戯室には大勢の方が集まっています。

 9:50 開始の挨拶を行い法人マスコットのランプちゃんも登場し子ども達と遊んでいます。地域貢献事業の説明から始まり、ウォークラリーの説明と趣旨である福祉避難所を確認してほしい旨、参加者の皆さんにお伝えしました。

10:00 出発です。市役所の公衆電話を周り、消防署前の公衆電話に向かい、グループホーム一歩黒田からゴールのさつき園を歩きます。周る地点は5箇所とそれほど多くなく早い方で40分程。遅くても1時間あれば全ての地点を周 れたようです。各ポイントに景品を準備し、参加者には防災グッズを持ち帰ってもらいました。

 今回の地域貢献事業には、福祉避難所に指定されている8か所の事業所にも協力頂き、地図を作成しました。年度ごとに福祉避難所は増えているようですが、地域の方にも知って頂き、災害時に互いが協力できる体制作りを目指したいと思います。

 

ウォークラリー続き

 公衆電話の設置場所である、市役所にも場所提供での了解も頂き、消防署では参加されているお子さんにと「塗り絵」「えんぴつ」を提供して頂きました。

 ご協力頂きました皆様、有難うございます。

参加者の皆さんが安全に無事ゴールされ、終了してからは互いの職員が集まり、反省会を行いました。

ちなみに、ウォークラリーが終了した昼からは天候も変化し雨が降り出しました。実施中には雨が降らず恵まれていましたね。

地域貢献事業として、次年度にも繋がればいいと思います。

 

 緊急連絡マップはこちら

イベントのお知らせ

2016-11-14

第5回目の話し合い後、それぞれの役割に合わせ打ち合わせを重ねながら、準備が整いつつあります。

完成したポスターは、地域の事業所に依頼し作ってもらいました。

 

10月24日・・・ポスターの打ち合わせ

   27日・・・原稿の見直し、印刷に向け打ち合わせ

11月 2日・・・最終決定。印刷依頼をかける。

11月12日・・・ポスターと当日配布予定の福祉避難所マップが完成し引き取る

11月 1日・・・はんなん広報にイベントの記事を掲載

 

 現在も当日の景品準備や出勤職員の配置、役割などを最終まで打ち合わせし、イベントが成功するよう進めています。

 

 

イベントのポスターはこちらです

 

 

第5回目の話し合い

2016-09-06

前回の検討から)

○イベントは11月頃を予定。(11月末から12月初めにかけて)

 →12月4日()に開催決定。 時間は10:00~12:00(参加者の集合としては9:30)

○ウォークラリーと合わせ、他の事業所(作業所)へ販売場所の提供を考えてみては?

 →イベントの趣旨を考えて、今回は販売を見合わせる。

○イベント時の保険も考える。

 →たんぽぽ園で利用している保険会社に山田センター長が確認をとってみる。

○ボランティアが必要であれば、社協に協力してもらっては?

 →ボランティアは募集する。

現在のところ、たんぽぽ園は常勤勤務の職員全員参加と考え、さつき・まつのき園一歩は、シフト上参加できる職員は参加する。各施設、非常勤にも出勤してもらう。

○広報はんなんに載せることができるのか?

 →9月中に役所に確認を取り、載せられるのであれば、9月中ごろに掲載内容を伝える。

  11月の広報掲載予定

 

ウォークラリーをするにあたって)

・「たんぽぽ園」「一歩(黒田)」「さつき・まつのき園」は必ず周り、その他にも市役所(まもる館)、公衆電話などを起点にと考えている。

・たんぽぽ園をスタート地点(集合)、ゴールをさつき・まつのき園(解散)

・募集人数は、50名程度。10月中ごろまでに、各施設の利用者に参加募集をかけて、おおよその人数を打ち出しておく。

・駐車場の利用は、保健センター駐車場を使うことができるのか事前に役所に問い合わせておく。また、車で来た参加者の方は、たんぽぽ園まで送迎を考える。

 

経費の内訳として)

・チラシ、マップ→2万程度(打越園長が就労A型事業所の印刷会社に予算を聞く)

・景品(参加賞)3万円  ・参加者の飲料→1万円

・その他諸経費→1万円

 

次回は10月に開催。「役割」「公衆電話がある所の確認」「業者(チラシや保険)の確認結果」「ウォークラリーの方法」など今後について、内容を深めていく。

TOPへ戻る