地域貢献事業

  • HOME  > 
  • 地域貢献事業
 

日本ヘレンケラー財団の地域貢献事業について

日本ヘレンケラー財団の地域貢献事業について
 
 日本ヘレンケラー財団では、これまで各施設において、「開かれた施設」「施設の社会化・地域化」等といった目標を掲げ、近隣地域住民の皆様や関係機関の方々との繋がりを大切に育んできました。これまでの取組みとしては、清掃活動や、防災訓練、お祭り等といった地域イベントへの参加、施設を開放しての季節行事や音楽鑑賞会、福祉講座の開催等といった取組みが挙げられます。このような各施設での取組みについては、当然これからも継続していきますし、取組み内容の更なる質の向上にも努めていきたいと考えています。
 法人設立から約70年に亘りコツコツと育んできた上記のような取組みをベースとして、平成28年度から日本ヘレンケラー財団は、法人全体としても「地域貢献事業」として地域課題への取組みをスタートさせます。
 法人全体とはいえ、北は大阪市此花区、南は阪南市とかなり拠点となる事業所の設置場所には幅があるため、法人全体を「大阪ブロック」「和泉ブロック」「阪南ブロック」の3つに分け、活動を実施することとなりました。このため、よりそれぞれの地域が抱える課題に沿った形での取組みを実施することができるのではないかと考えています。
 これから、ホームページにてそれぞれのブロックの取組みを紹介していきますので、ぜひ皆さん楽しみにしていてください。よろしくお願いいたします!
 

大阪ブロックの取組み

大阪ブロックの取組み
フォーム
 
29年度4回目の打ち合わせ会議をしました
2017-08-04

819日に実施予定の「視覚障がいに関する福祉教育」の最終検討を行いました!チラシの配布先の確認や、当日の役割分担などを行い、いよいよ当日に向けて気持ちも高まってきました!!今回は、障がいのある当事者の方の講演と、アイマスク体験という盛りだくさんの内容となっています。主催する側も今からとても楽しみです!!ぜひぜひ、皆様お誘いあわせの上、ご参加下さいね!!

 
今年度第1回目の講演会のお知らせです!
2017-07-25
社会貢献活動 大阪市内ブロック 今年度第1回目の講演会のパンフレットが完成しました。今回は、「視覚障がい者に関する福祉教育」というテーマで、障がい当事者の方の講演とアイマスク体験となっています!!皆様のご参加を心よりお待ちしています。詳しくはパンフレットをご覧ください。
 
 
 
 

和泉ブロックの取組み

和泉ブロックの取組み
フォーム
 
2月「ふれあい食堂」開催しました
2017-02-20

平成29年2月18日(土)に和泉伯太住宅1.2.3棟にお住まいの方々対象に「ふれあい食堂」を行いました。回覧板と各棟に掲示を行って宣伝し、3回目の開催ということで地域の方々に認知され始め、大人14名・お子さん2名に参加していただきました。

メニューは「鶏そぼろ丼・玉ねぎとわかめのみそ汁・ほうれん草のおひたし・いちご」でした。「毎週食堂をして欲しい。いちごが新鮮でおいしかった。そぼろが甘くて食べやすかった。」など、好評の言葉をいただきました。

次回は3月18日(土)に和泉伯太住宅4.5.6棟にお住まいの方々が対象となっており、気軽に来ていただき笑顔溢れる食堂を目指していますので、たくさんの方々のご参加お待ちしております。

 
ふれあい食堂 オープン♪
2016-12-29

去る12月17日(土)和泉府営伯太住宅の自治会館において、「ふれあい食堂」をオープンしました。

当初の案であった「こども食堂」を実現化するべく、今回は「子供、親子」を対象にし、メニューもハンバーグカレー、サラダ、果物として広報したのですが、小学生の子供さん4名と自治会役員さんの2名の参加に留まりました。

この住宅では高齢の方が多いこともあり、今後は地域の需要に合わせて「こども食堂」にはこだわらず、「ふれあい食堂」という形で、子供から高齢の方までご参加いただける方向で考えています。

 

阪南ブロックの取組み

阪南ブロックの取組み
フォーム
 
平成29年第2回目の話し合い
2017-07-12

日時 : 平成29年6月29日(木) 16:00~17:00
場所 : たんぽぽ園相談室
出席者: 打越園長、西川、鈴木 (さつき・まつのき園)
     山田センター長、西村、中川、加藤(書記) (たんぽぽ園)
 
内容
 打越園長から 
  まごころへのポスター依頼のためのサンプルが必要。
  「福祉避難所とは~」といった説明や施設紹介等をポスターに入れることを伝えている。
 
山田センター長から
  愛知県西尾市では避難所備蓄品にアレルギー対応の食品を備えている。アレルギーフリーの食品のカタログを提示し、西尾市が備蓄している品について入手方法を問い合わせしてみる。 
 
 ウォークラリーについて
  ウォークラリーに発展形を考えてみる。災害時にどんなことが起こったのか、実際には災害時に福祉施設職員はどのような動きをしたのかなどを紹介するなど、体験を語ってもらうコーナーを作ってはどうか。
  施設見学にも重きを置く。まつのき園に来られている防災の講座をされている先生にアドバイスをもらい、施設や防災、避難所について関心を持ってもらう方法を考える。
  展示ブースを設けてはどうか。障害をお持ちの方を含めた様々な方に対応した内容の展示を考える。
 
 その他
 ・非常食の試食コーナーを設けてはどうか。
 ・前年度ポスターに書かれていなかった景品が何であるかを今年は入れてはどうか。
 ・今年度のウォークラリーのキャッチフレーズを考える。
 ・スタートはたんぽぽ園、ゴールはさつき・まつのき園にする。
 ・参加賞に加え、クイズの全問正解者等の景品付き賞を設ける。
 ・クイズについては防災に関することや施設に関するものを出題し、少しでも施設のことを知ってもらう工夫をする。
・ランプちゃん、はなてぃを呼ぶ。 
・昨年のように皆が同じコースをたどるのではなく、いくつかの行先に人数を振り分ける方法をとる。
 ・ポイント地点に交流会館を増やしてはどうか。(公衆電話のあるところ)
 ・最初にお茶、最後に景品を渡す。
 
今後の動き
  ボランティアを社会福祉協議会に問い合わせする。
  クイズを考えておく。それぞれの園に関することなどを考えておく。
 
次回の地域貢献会議は8月に行う。(日にち未定)
以上
 
  
 
 
 
平成29年第1回目の話し合い(5/16)
2017-05-24

(今年度担当者)

たんぽぽ園・・・・・・・・山田、加藤、西村、中川

さつき園・まつのき園・・・打越、西川、鈴木                                                                          (敬称略)

域貢献の内容をどうするか検討)

福祉避難所を知ってもらえたのは良いが、ウォークラリーの防災グッズの印象が強くなり避難所として知ってもらうには、継続しても良いのではないか。

 

結果)

平成29年度「ウォークラリー」を基本とし、福祉避難所を周ってもらい、地域の方に知ってもらう事と、防災に関係し、備蓄食品などを扱い当日試食するなど、内容とコースの見直しを行うことにした。

 

日時)

平成29年12月17日(日曜日)10:00~12:00(雨天延期)受付9:30~

 

延期の場合)

平成30年1月14日(日曜日)10:00~12:00(雨天中止)

受付9:30~

 

今後の流れ)

・ポスター作製は「まごころ」へ依頼予定。

・昨年度は片面であったが、両面にし、裏面に事業所紹介や「福祉避難所

とは」、平成29年度の福祉避難所事業所一覧を載せてはどうかの意見で

進めていくこととなる。

・阪南市広報に載せてもらうには9月には文章作成、10月掲載、11月

参加者締め切りの予定。

  

次回 平成29年6月29日 16:00~ 場所 たんぽぽ園

1
 ​ ​法​人​本​部​事​務​局​
 
社会福祉法人
日本ヘレンケラー財団
〒545-0011
大阪府大阪市阿倍野区
昭和町3-4-27
TEL.06-6628-2229
FAX.06-6629-6239
-------------------------
(1) 第一種社会福祉事業
イ. 救護施設の経営
ロ. 障害児入所施設の経営
ハ. 障害者支援施設の経営
(2) 第二種社会福祉事業
イ. 障害福祉サービス事業の経営
ロ. 一般相談支援事業の経営
ハ. 特定相談支援事業の経営
ニ. 障害児相談支援事業の経営
ホ. 移動支援事業の経営
ヘ. 地域活動支援センターの経営
ト. 無料及び低額宿泊所提供事業の経営
チ. 障害児通所支援事業の経営
qrcode.png
http://helenkeller.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

451708
<<社会福祉法人 日本ヘレンケラー財団>> 〒545-0011 大阪府大阪市阿倍野区昭和町3-4-27 TEL:06-6628-2229 FAX:06-6629-6239