地域貢献事業

  • HOME  > 
  • 地域貢献事業
 

日本ヘレンケラー財団の地域貢献事業について

日本ヘレンケラー財団の地域貢献事業について
 
 日本ヘレンケラー財団では、これまで各施設において、「開かれた施設」「施設の社会化・地域化」等といった目標を掲げ、近隣地域住民の皆様や関係機関の方々との繋がりを大切に育んできました。これまでの取組みとしては、清掃活動や、防災訓練、お祭り等といった地域イベントへの参加、施設を開放しての季節行事や音楽鑑賞会、福祉講座の開催等といった取組みが挙げられます。このような各施設での取組みについては、当然これからも継続していきますし、取組み内容の更なる質の向上にも努めていきたいと考えています。
 法人設立から約70年に亘りコツコツと育んできた上記のような取組みをベースとして、平成28年度から日本ヘレンケラー財団は、法人全体としても「地域貢献事業」として地域課題への取組みをスタートさせます。
 法人全体とはいえ、北は大阪市此花区、南は阪南市とかなり拠点となる事業所の設置場所には幅があるため、法人全体を「大阪ブロック」「和泉ブロック」「阪南ブロック」の3つに分け、活動を実施することとなりました。このため、よりそれぞれの地域が抱える課題に沿った形での取組みを実施することができるのではないかと考えています。
 これから、ホームページにてそれぞれのブロックの取組みを紹介していきますので、ぜひ皆さん楽しみにしていてください。よろしくお願いいたします!
 

大阪ブロックの取組み

大阪ブロックの取組み
フォーム
 
29年度第2回講演会実施しました!
2018-01-26
1月21日(日)に、「視覚障がいに関する福祉教育」のテーマで、今年度第2回目の講演会を実施しました。今回もまず始めに、視覚障がいの当事者でもある谷口真大さんのお話を聞かせていただき、その後アイマスク体験(食事・歩行・白杖)を行いました。
谷口先生のお話は、「自分の生き方の3つの鉄則」といったテーマを取り組まれている陸上競技等と絡めながら、とても分かりやすくお話していただきました。鉄則は、「できることは自分でやる」、「できること、できないことを伝える」、「自分のことを知る」の3つでした。中でも、「自分のことを知る」のお話の中で、つらいことがあった時は自分とコミュニケーションをとり、自分と対話し、「自分と共感する」というお話がとても印象的で、視覚障がいに関する理解という内容を越えたお話を聞かせていただけたように感じました。谷口先生、今回も素敵なお話ありがとうございました。東京パラリンピックでの金メダル、応援してます!!
谷口先生のお話の後は、アイマスク体験を行いました。食事体験では今回も、甘い、辛い等といった味の違ったお菓子と、熱いお茶と炭酸飲料をアイマスクをして飲食していただきました。歩行体験では、近くの公園まで手引きの方と一緒に行動していただき、今回はその後白杖体験も実施しました。アイマスクをすると、ご自身では真っすぐ歩いているつもりが曲がってしまったり、怖くて腰が引けてしまったり等々。「普段いかに視覚に頼って生活しているかがわかりました」、「とても良い体験をさせていただきました!」等と、参加者の方から嬉しいお言葉も頂きました。この体験が、障がいの正しい理解へ繋がればと思います。
これからも、「ヘレンケラー財団が地域にあって良かった」「あの施設が近所で良かった」等といったお言葉を地域の皆様からいただけるよう、積極的に活動していきたいと思います!今回参加していただいた皆様、本当にありがとうございました!これからも、宜しくお願い致します!
 
第2回講演会のご案内
2017-12-25

 

社会貢献活動 大阪市内ブロック 今年度第2回目の講演会のパンフレットが完成しました。今回は、「視覚がいのある世界ってどんなん?」というテーマで、障がい当事者の方の講演とアイマスク体験となっています!!このテーマは、夏に実施して参加者の皆様から大変好評であった内容と同様のものとなります。初めての方も、そして夏にもお越しいただいた方も、ぜひご参加いただき、視覚障がいに関する知識を深めていただければと考えています。皆様のご参加を心よりお待ちしています。詳しくはパンフレットをご覧ください。

 

☆パンフレットはこちらをクリックしてください☆

 

 

和泉ブロックの取組み

和泉ブロックの取組み
フォーム
 
1月「ふれあい食堂」開催しました
2018-01-24
 
平成30年1月20日(土)に和泉伯太住宅にお住まいの方々対象に、「ふれあい食堂」を開催しました。暦のうえでは1年間で最も寒いといわれる「大寒」でしたが、ぽかぽか太陽が主役の絶好の天候となり、16名の方々にご参加いただきました。
 メニューは「クリームシチュー・ロールパン・春巻き・あじのフライ・バナナ」でした。特にクリームシチューの具材は「白菜・かぼちゃ・玉ねぎ・にんじん・ブロッコリー・コーン・きのこ類」と具だくさんで、冬に不足しがちなビタミンやミネラルをしっかり摂っていただき、身体も心も温かくなりました。次回は3月17日(土)に開催予定ですので、たくさんの方々のご参加お待ちしております。次回のメニューは「中華丼or皿うどんの選択メニュー・しゅうまい・デザート」の予定です。
 
9月「ふれあい食堂」開催しました
2017-10-23
 平成29年9月16日(土)に和泉伯太住宅にお住まいの方々対象に、「ふれあい食堂」を行いました。全棟一緒に開催し、23名というたくさんの方々に参加していただきました。
 メニューは「助六・なすと厚揚げの煮物・豚汁・コーヒーゼリー」でした。当日になりメニュー変更というトラブルもありましたが、住民の方々の温かい対応に、スタッフ一同助けていただきました。
 次回は11月18日(土)に開催いたしますので、たくさんの方々のご参加お待ちしております。
 

阪南ブロックの取組み

阪南ブロックの取組み
フォーム
 
ウォークラリー続き

 公衆電話の設置場所である、市役所にも場所提供での了解も頂き、消防署では参加されているお子さんにと「塗り絵」「えんぴつ」を提供して頂きました。

 ご協力頂きました皆様、有難うございます。

参加者の皆さんが安全に無事ゴールされ、終了してからは互いの職員が集まり、反省会を行いました。

ちなみに、ウォークラリーが終了した昼からは天候も変化し雨が降り出しました。実施中には雨が降らず恵まれていましたね。

地域貢献事業として、次年度にも繋がればいいと思います。

 

 緊急連絡マップはこちら

 
イベントのお知らせ
2016-11-14

第5回目の話し合い後、それぞれの役割に合わせ打ち合わせを重ねながら、準備が整いつつあります。

完成したポスターは、地域の事業所に依頼し作ってもらいました。

 

10月24日・・・ポスターの打ち合わせ

   27日・・・原稿の見直し、印刷に向け打ち合わせ

11月 2日・・・最終決定。印刷依頼をかける。

11月12日・・・ポスターと当日配布予定の福祉避難所マップが完成し引き取る

11月 1日・・・はんなん広報にイベントの記事を掲載

 

 現在も当日の景品準備や出勤職員の配置、役割などを最終まで打ち合わせし、イベントが成功するよう進めています。

 

 

イベントのポスターはこちらです

 

 

 ​ ​法​人​本​部​事​務​局​
 
社会福祉法人
日本ヘレンケラー財団
〒545-0011
大阪府大阪市阿倍野区
昭和町3-4-27
TEL.06-6628-2229
FAX.06-6629-6239
-------------------------
(1) 第一種社会福祉事業
イ. 救護施設の経営
ロ. 障害児入所施設の経営
ハ. 障害者支援施設の経営
(2) 第二種社会福祉事業
イ. 障害福祉サービス事業の経営
ロ. 一般相談支援事業の経営
ハ. 特定相談支援事業の経営
ニ. 障害児相談支援事業の経営
ホ. 移動支援事業の経営
ヘ. 地域活動支援センターの経営
ト. 無料及び低額宿泊所提供事業の経営
チ. 障害児通所支援事業の経営
qrcode.png
http://helenkeller.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

527005
<<社会福祉法人 日本ヘレンケラー財団>> 〒545-0011 大阪府大阪市阿倍野区昭和町3-4-27 TEL:06-6628-2229 FAX:06-6629-6239