本文へ移動

ミネルヴァあべの

施設長の声

『ミネルヴァあべの』はどんな施設ですか?
 『ミネルヴァあべの』は、当法人で初めてとなる高齢者施設として、平成29年4月に開所しました。ユニット型という10名を1つのグループ(ユニット)とした居住空間で、各ユニットには専任の職員が配置され、家庭的な雰囲気の中でご入居者やご家族とも顔なじみの関係をつくることができ、よりきめ細やかなケアを提供することができます。
 ユニットの環境づくりなどは各ユニットの職員が担っており、ユニットケアの理念に基づいた実践をそれぞれが情報共有しながら積極的に展開してくれています。
 開所して間もないですが、試行錯誤(悪戦苦闘?)しながら、施設が目指す方向へ着実に歩みを進めてくれています。まだまだ多くの可能性が広がる『ミネルヴァあべの』に乞うご期待!
 
求める人財は?
 開所年度の経営方針として「考え、かたちにする福祉実践」をスローガンとしました。職員一人ひとりが施設をかたちづくる主体者(主役)であり、福祉サービスを提供するプロとして、よく考えて行動し、自分たちの実践を誇れるものとしてかたち創っていこうということを目指しています。チームの一員として自覚と責任を持ち、個性を活かしながら、ビジョンの実現に向かって行動できる方、一緒に働きましょう!
 
施設長として、どんな施設にしていきたいですか?
 まずは入居された方が、“この施設で暮らすことができて良かった”と思っていただけるような施設にしたいと思います。お一人おひとりが自分らしく暮らしていただけるような仕組みを整備するとともに、施設方針でもある、生活に“楽しみ”と“喜び”を、人生に“生きがい”と“輝き”を感じてもらえる施設を、職員一丸となって、ご本人やご家族、地域の方々の協力をいただきながら創っていければと思います。
TOPへ戻る