阪南市立たんぽぽ園

児童発達支援事業

阪南市立たんぽぽ園は平成21年4月に社会福祉法人日本ヘレンケラー財団が阪南市より指定管理者の指定を受けました。
たんぽぽ園は、2歳から5歳までの発達が気がかりな子どもたちの通所支援施設です。
28年4月から今までの『児童発達支援事業所』より『児童発達支援センター』へ変更となり、新規事業として保育所等訪問支援と障がい児相談支援の2つの事業が加わり、地域の中核施設としての役割をこれまで以上に担うこととなりました。
毎日通園の定員は20名で、週一通園の定員は10名です。保育と療育を二つの大きな柱として、保育者は子どもたちの成長の可能性を信じ、自らの力でその扉を開けるための支援を心がけています。
少人数の施設ではありますが、大きな園庭や遊戯室を持ち、広々とした環境の下で、子どもたちが元気に走り回っている活動的な施設です。
■設立年月日
平成21年4月指定管理
■対象となる方
2歳~就学前の発達に気がかりな子どもで、
阪南市の受給者証を保持して いる者
■定員毎日通園 20名   週一通園10名
■所在地〒599-0203 阪南市黒田468-1
■連絡先TEL 072-473-2816  FAX 072-473-2916
■アクセス南海本線「尾崎」駅徒歩13分

放課後等デイサービス

 発達が気がかりな就学児(小学校・中学校・高校)の放課後の支援を行っています。
 くつろぎとあそびとまなびを大切にし、ひとりひとりがいきいきと活動することができる支援を目指しています。
■対象となる方
就学児【6歳~18歳】
■定員10名
■サービス
   提供時間         
月曜~金曜日(祝祭日・年末年始を除く)の、学校のある日は、下校後~18時。夏休み等は9時~18時。他に月1回土曜日開所
■所在地〒599-0203 阪南市黒田468-1
■連絡先TEL 072-473-2816  FAX 072-473-2916
■アクセス南海本線「尾崎」駅徒歩13分

障がい児相談支援

相談支援専門員がご自宅を訪問し、または利用される方が登園に直接お越しいただきお話を伺います。
上記の福祉サービスを利用するための計画(障がい児支援援助)を作成し、福祉サービスを継続して利用できるように一緒に考えます(継続サービス利用支援)。
 
■対象となる方
18歳未満の児童で、児童発達支援・放課後等デイサービス・保育所等訪問支援の利用者
■サービス
   提供時間
月曜~金曜日(祝祭日・年末年始を除く)の、9~17時
■所在地〒599-0203 阪南市黒田468-1
■連絡先TEL 072-473-2816  FAX 072-473-2916
■アクセス南海本線「尾崎」駅徒歩13分

保育所等訪問支援

保育所等訪問支援は、こどもの発達支援を目的として、児童福祉法に基づいて行うサービスです。保育所・幼稚園・小学校などに訪問し、発達に気がかりなこどもが、集団生活に適応することができるよう、登園のスタッフ(訪問支援員)が、担任の先生方と協働しながら支援します。
 
利用までの流れ
1.問い合わせ・相談(お住まいの市町村)
2.受給者証の発行及び保育所等訪問支援の支給決定
3.利用契約
4.保育所等との調整
5.訪問支援開始
 
利用について
・訪問の頻度は、2週間に1回程度を目安とします(状況・時期に応じて変化)
・本事業は、こどもの発達支援を目的としています。保護者と保育所等のお互いの思いを尊重しながら中立の立場で専門的な支援を行います。
・児童福祉法に基づき、所得に応じて国が定める利用者負担額が発生することがあります。
■サービス
  提供時間    
月曜日と水曜日(祝祭日・年末年始を除く)の、9~15時
■所在地〒599-0203 阪南市黒田468-1
■連絡先
TEL 072-473-2816 FAX 072-473-2916
■アクセス南海本線「尾崎」駅徒歩13分