福祉型障害児入所施設 平和寮

 

ここ来て良かった。

2016-02-28

毎年、春一番が吹き、三寒四温を繰り返しながら春に向かうこの季節、高校を卒業する子どもたちが同時に平和寮も卒業し、新しい生活へと旅立ちます。今年も数名の子どもたちが、不安と期待の入り混じった気持ちを抱えつつ、新生活への準備を進めています。そんな中、少し話をする機会がありました。

 

「もう1年いたってもええで!」「やっぱりさみしいな~。多分泣くと思うわ~」とのこと。そんな言葉を照れながら投げかけてくれました。また、4月から働くことを意識して、「早く新生活に慣れて、仕事に備えたい!」と話をしてくれる子もいます。そういった会話の中、「平和寮に来て良かったな~」との言葉が聞かれました。それぞれが平和寮で過ごしてきた数年間を振り返り、自然と出てきた想いを言葉にしてくれたのだと思います。

 

全ての子ども達が平和寮での生活において、問題無く過ごせるとは言えません。特に中学~高校時代という多感な時期の子ども達は、自身の気持ちが成長するスピードと、周囲から受ける刺激の大きさのバランスが合わずに思い悩んでいる姿が見られることは少なくありません。そんな時期を、真正面から受け止め、しっかりと乗り越えてきた今年の卒業生です。平和寮で過ごしてきた数年間を自信に変えて、元気に新生活へチャレンジしてもらいたいと思います。

 

平和寮が施設方針として掲げている、「ここに来て良かった(と思っていただける施設作り)!」の言葉。こんなタイミングで聞くことができるとは思いませんでした。どうもありがとう!私も泣いてしまうかも知れません。

ひそかなブーム。

2016-02-23

 皆さん、「プラ板」ご存知ですか?

 

 プラスチックの板のことですが、高熱を与える事で同じ縮尺で縮んで固まります。そんなプラ板の性質を活かし、キーホルダーを作る事ができるんです。

 

 平和寮では、10月末に実施した「ふれあいまつり」にてプラ板コーナーを作り、好きな絵を描いてキーホルダーを作るという取組みを実施しました。キーホールダーには点字のシールもつけましたね。

 

 そこからブームに火がつき、平和寮の子どもたちはプラ板キーホルダーが大好きに!!先日も「プラ板やりたい!」との声があり、一緒に作りました。写真は平和寮のマスコットキャラクター「へいわもん」のキーホルダーです!!

 

 次は何作ろうかなーーーー!!!

「大阪の社会福祉」への活動掲載!

2016-02-07

(社福)大阪市社会福祉協議会さんが毎月発行されている、「大阪の社会福祉 2016.02号」に平和寮の記事が掲載されました!平成27年度6月より新コーナーとして連載をスタートされている、「こんなことやってます!私たちの施設から♪」のコーナーです。地域のニーズに合わせた取組みを展開している事業所の紹介をされています。

 

 地域貢献活動の紹介というそのような連載が、6月よりスタートするという情報を聞いてから、今年度の平和寮の事業計画とリンクしていたということもあり、掲載していただくことを一つの目標として、今年度は地域貢献活動を強く意識して取り組んできました。また、活動をやりっぱなしにするのではなく、必ず次に繋げ、そして発信するまでを一つの活動として捉えました。

 

 掲載内容は、この施設日記でもその都度紹介させていただいている、点字講座や福祉教育についての活動です。地域住民の皆様や教育機関を対象とした、平和寮が保有する視覚障がい者支援に関する専門性を活かしての取組みです。それぞれの詳しい内容は日記を見ていただければと思いますが、その都度の活動に対して高い評価もいただいており、また実施した平和寮としても得るものが大変多いと感じています!

 

 今回掲載していただいた事を更なる活力に変えて!これからも新たな活動に取り組んでいきたいと思います!!

 

 

 ぜひ掲載記事に関する、ご意見やご感想、アドバイスなどを聞かせて頂ければ幸いです。

みんなの頑張りが、宝物。

2016-02-07

131日、大阪市児童福祉施設連盟 主催の、「新春子ども大会」が天王寺区民センターにて開催されました!

 
 平和寮は、「芸術はばくはつだ!」というテーマを掲げ、劇・楽器演奏・歌・ダンスを融合させた出し物を考え、約30名弱の子どもたちがこの日に向けて練習を重ねてきました!
 

当日は、「緊張するな~」、「お腹痛くなってきた、、、」などといった言葉があちらこちらから聞こえる中、朝から会場に入り、他施設の出し物を見ながら午後からの本番に備えました。昼食を食べ、さぁ本番!!

 始めは数人の子どもたちによる舞台中央での台詞のやり取り。第一発声、とても緊張する場面です。「さぁ平和寮のダンス部練習いこうか
!」、綺麗に台詞を言えました!そこからバンドメンバーの演奏に繋がります。「ダンダンダンダンダンダンダン!!」とドラムの音が聞こえ、演奏スタート!聞き慣れたドラムの音が会場に響きわたると、何故かグッとくるものがあり、胸が熱くなりました。

 

バンド・ボーカル・そしてダンスがミックスされた平和寮の発表が、1曲・2曲・3曲と進みます。その都度、会場から大きな拍手をいただき、3曲目が終わった際には、割れんばかりの拍手が平和寮の子ども達を包みました!

途中、リズムを忘れた児童に他の児童が優しく教えてあげるという、微笑ましいやり取りも見られましたね。

最後に全員で「ありがとうございました!!」と会場にお礼を述べている姿や表情はとてもキラキラしており、そんな子ども達を本当に誇らしく思いました!!

 

帰寮後はみんなでケーキとジュースで打ち上げです!一言子ども達へ挨拶をさせていただいたのですが、その際に自然と出てきたのは、「良かったよ!」「お疲れ様!」等といった言葉ではなく、「ありがとう!」でした。今回も、子ども達から色んな事を学ばせてもらった行事となりました。

 

「ほんとにみんな最高だったよ!ありがとうーー!!」

 

当日のビデオは、平和寮の宝物ですね!!

意外な読者。

2016-02-05

先日、高校生の子が部屋を訪ねて来てくれて、「寮長、施設日記読んでるで!キラキラの笑顔良かったわ!!」との話をしてくれました。「えっ!?」驚きました!学校のパソコンで毎日チェックしてくれてるそうです!!こんな近くに日記読者がいたなんて、嬉しい!!

 

それから、それぞれの日記の感想や意見を色々と聞かせてくれました。また、「嫌な事があった時、施設日記読むと元気が出るねん!!」ともお話してくれました。

 

その日以降、

・「寮長更新した??」 「まだやねん~」

 

・「○○ちゃん読んでくれた??」 「えっ!更新したん??何時頃??」

 

等といったやり取りも生まれました。この日記もきっと読んでくれるよね。これからもお楽しみに!!