福祉型障害児入所施設 平和寮

 
フォーム
 
夏祭り
2016-09-19
 夏祭りがありました。7月の終わりになると、子ども達は「夏祭りいつあるの?」と尋ねてくる程、楽しみにしている行事の1つです。

今年のお店は、そうめん・から揚げ・フランクフルト・ポップコーン・ジュース・ミルクせんべい・お菓子つかみ・ヨーヨー釣りでしたまた、おやつにはスイカ割りもしました

毎年、子ども達は浴衣や甚平に着替えます女の子は化粧や髪の毛をセットしてもらい普段とは違う自分に驚く姿もありました。普段と違う日常に子ども達はとても楽しんでいました

夏祭りの後、「来年のお店は何するの?」と尋ねる子どもも、いてましたよ

 
遠足
2016-06-26

 

6月5日、悪天候の中、4班に分かれ遠足に行ってきました1班は、障がい者スポーツセンターとカラオケ。2班は、海遊館。3班はハーベストの丘。4班は長居公園でお散歩でしたが、雨のため寮内で沢山のおもちゃで思いっきり遊びました。各班、凄く楽しむ事ができました

 

その中から3班のハーベストの丘について

 

 普段、野菜嫌いな子ども達が、バイキングだと苦手な野菜を食べることが出来たりと以外な一面がありました。また牛の乳搾り体験では、いざ自分の順番が来ると怖くなり乳搾りを辞めてしまう児童が何人もいて、普段の表情とは違う姿を見ることが出来ました

 

 
スポーツ大会参加しました
2016-05-17
 
 

5月15日

大阪市長居障害者スポーツセンターにて、「第15回 大阪市障がい者スポーツ大会(卓球)」が催され、平和寮からも児童が2名、出場しました。

 

結果は1勝1敗と、2敗。

やはり彼女たちにとっては勝敗が何よりも大切で、納得できない!と、明るく落ち込んでいました。「もっと練習しておいたら良かった!」「中学校の時、何で卓球部に入らんかったんやろ」「お父さん、卓球、昔やってたのに・・・」と大興奮。何十年前まで、さかのぼるねん!と職員がびっくりするほど、ずいぶん前まで過去を振り返って後悔していました。気持ちを切り替えるまで、1試合の時間が必要な程。とっても悔しかったね。

 

でも、応援に行った職員にとっては、スポーツの勝敗って、本当はそんなに大切じゃないんやなぁと教えてもらえる、素敵な試合でした。負けた時には、右足を思いっきり地面に叩きつけ、グーにした両手を振り下ろし、「くやしーー!!」。点を取った時には、相手に敬意を表しながらも、密かに静かににんまり。

自分の感情を正直に見せられる、二人の素直さに感動。悔しがっている顔がとってもキラキラ輝いていました。素直に自分を表現することって、簡単なようで、なかなかできないことです。それを何も飾らずに見せてくれる二人に、職員として、勇気をもらえました。

 

応援に行った、二人と仲良しの児童(全盲)も、だんだんとヒートアップして、「もう一回、試合行っておいで!」「緊張せんと頑張れ」と、いつもの2倍以上の声を出して熱くなっていました。見えなくても素直なキラキラした気持ちって心に届くんだなぁ。

一生懸命、誰かを応援したいまっすぐな思いが自然とあふれ出ている彼女にも、心が温かくなりました。

 

試合には負けてしまったけれど、今日、大会に参加して本当に良かったね。3人の後ろ姿は本当にかっこよかったよ。

 
5月5日
2016-05-17
 子どもの日ということで、子どもたちと一緒に紙皿とポンポン使い、色々な鯉のぼりを作りました。

その後は、皆で完成した物を壁面に飾りました。子ども達は出来たものは見て喜んでいましたよ♪

昼食にはオムライスの卵の上に、ケチャプで鯉のぼりの模様を描いていたため、食堂に入って来ると子ども達は目をキラキラと輝かせて食べていました。

端午の節句を感じることが出来る1日でした。

 

 
嬉しいお話。
2016-03-31

31日、手荷物を抱え、地域の方が平和寮を訪問して下さりました。「毎日公園の清掃ありがとうございます。町会の会議でも話題に上がってて」との、とても嬉しいお話でした。たしかに平和寮は平日の午前中、裏の公園清掃を行っています。その姿を見て下さり、地域での話題にあげていただけたとのことでした。

「開かれた施設」「施設の社会化・地域化」という言葉は多く聞かれるようになったものの、施設はまだまだ閉鎖的な面を持っています。児童施設は保護的な要素も必要とされており、尚更かもしれません。しかし、施設は地域の方との繋がりを求めています。そういった中で見つけた、「公園清掃」という繋がりです。担当職員も毎日欠かさず行ってくれています。子ども達と一緒に清掃を行った職員もいます。そんな、ささやかな行動を評価して下さった地域の皆さんに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

 

 

「公園清掃」「防災訓練」「福祉教育」「点字講座」「つながりフェスタ(出店・ダンス発表)」等、この施設日記でも紹介させていただいている地域の皆さんとの繋がりです。想いが、少しずつ形となり始めてきました。これからもどうぞ宜しくお願い致します。

 ​ ​法​人​本​部​事​務​局​
 
社会福祉法人
日本ヘレンケラー財団
〒545-0011
大阪府大阪市阿倍野区
昭和町3-4-27
TEL.06-6628-2229
FAX.06-6629-6239
-------------------------
(1) 第一種社会福祉事業
イ. 救護施設の経営
ロ. 障害児入所施設の経営
ハ. 障害者支援施設の経営
(2) 第二種社会福祉事業
イ. 障害福祉サービス事業の経営
ロ. 一般相談支援事業の経営
ハ. 特定相談支援事業の経営
ニ. 障害児相談支援事業の経営
ホ. 移動支援事業の経営
ヘ. 地域活動支援センターの経営
ト. 無料及び低額宿泊所提供事業の経営
チ. 障害児通所支援事業の経営
qrcode.png
http://helenkeller.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

526541
<<社会福祉法人 日本ヘレンケラー財団>> 〒545-0011 大阪府大阪市阿倍野区昭和町3-4-27 TEL:06-6628-2229 FAX:06-6629-6239