本文へ移動

ぶるうむ此花

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ぶるうむ工房

2013-11-08
 ぶるうむ工房の製菓です。パウンドケーキとプリン達です。皆様から愛されています
 
 パウンドケーキ(大):写真左

プレーン・フルーツ・オレンジ・チョコは定番となっております。限定商品として、抹茶やキンカンも、時々、販売していますが、気まぐれです。キンカンはさつき園のキンカンのシロップ漬けを使っています。
 

                  ¥400
 
 パウンドケーキ(小):写真中央


パウンドケーキ(大)と同じく、プレーン・フルーツ・オレンジ・チョコは定番となっております。限定商品として、抹茶やキンカンも、時々、販売していますが、気まぐれです。キンカンはさつき園のキンカンのシロップ漬けを使っています。
 食べきりサイズとなっておりますお口の大きな方は一口サイズです。

                  ¥100   
 
 
 プリン:写真右

大人気商品です。作り置きができないので、注文を受けて作っている状態です。ぶるうむ此花の大西施設長は、いつも手に入らないので、悔しがっています。残念
 
                  ¥150
 

ヌートリアあらわる

2013-10-15
ケアホーム バードランドでは、夕方の散歩が日課となっています。淀川沿いを歩いて、約1.5km離れた伝法漁港の伝法水門まで歩いています。そこには、ヌートリアの親子が住み着いています。
 ヌートリアとは、ネズミの仲間で、第2次世界大戦のころ、軍服の防寒用の毛皮をとるために、輸入、飼育されました。戦後、その需要はなくなり、その多くが野生化しました。1950年代に入り、毛皮ブームが起こり、再び、飼育されましたが、毛皮の価格が暴落すると、またしても、放逐されていきます。現在では、イネやオオムギ、葉野菜などに対する食害のほか、絶滅危惧種に指定されているベッコウトンボの生息地を壊滅させるなど、生態系へ大きな影響を与えています。そのため、外来生物法(特定外来生物による生態系等に係わる被害防止に関する法律)によって特定外来生物に指定され、駆除の対象となっています。
 しかし、ここに住む、ヌートリアたちは人なつこいこともあり、かわいい存在です。往復約3kmの散歩の目的地となっています。
 
(注:えさは与えていませんし、触れることもありません)
 
ヌートリアの親子です(写真 中央)
 
日も暮れてきたので、
   バードランドへ帰りましょう(写真 右)

障がい者スポーツ・レクリエーションひろば

2013-07-25
大阪市障がい者スポーツセンターの企画で、「障がいのある方が身近な地域でスポーツやレクリエーションを楽しめる環境(ひろば)を、地域のみなさんと一緒につくろう。」と、定期的に開催している活動です。
7月19日(金)に此花区の区民ホールで開催されました。今回、ぶるうむ此花も初めて参加させていただきました。専門の指導者の方が、楽しく愉快に指導してくださり、初めての参加でもスッととけ込むことができ、皆さん、とても楽しんでいました。

お花をたくさんいただきました

2013-06-17
去る6月13日に、地域町内会の連合会長 土井様より、此花区の「種花」で育てくださいました、たくさんのお花の苗とゴーヤの苗をいただきました。
 翌14日に利用者さんと職員と施設長(写真には写っていませんが・・・・)が花壇とプランターに植え替えました。天気がよく、暑い中での作業となりましたが、皆さん一生懸命がんばりました。そして、寂しかった花壇が、とってもきれいな花壇へと大変身ディズニーのキャラクターたちもうれしそうに見えてきます。土井会長ご夫妻、植え替え作業をしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。
 
 
日差しがきつく、大変暑い一日でした(写真 中央)
 
 
花壇の完成です花に埋め尽くされました。空だけでなく、心も晴れ晴れです(写真 右)
 

此花作業指導所まつり

2013-06-10
6月9日、此花区の此花作業指導所まつりに、出張はなまるの一員として、ケーキやビーズ作品(値付けや帽子クリップなど)を販売してまいりました。販売員は大西施設長と西田浩美支援員のみで、利用者さんは遊びに来られただけでした。大勢の地域の方が参加され、楽しい一日となりました。販売の方も大盛況で、完売とは行きませんでしたが、上々の売り上げでした。参加されたお客さんの中に、「以前に買って、気に入っている帽子クリップなんですが、壊れてしまったのだけれど、修理できないでしょうか?」との問い合わせがありました。当事業所の作品を大切にしてくださっている方がおられることに、作ってくれた利用者さんを始め、職員一同、大喜びしております。少しずつでいいので、地域に根ざしていけるように、これからもがんばって行きます。
TOPへ戻る