本文へ移動

IL伯太

IL伯太『施設日誌』

RSS(別ウィンドウで開きます) 

じゃがいも堀り&ぶどう

2020-06-12
じゃがいも、まあまあな大きさやな
ぶどうの下で植木を手入れする管理栄養士さん
今年はぶどうが豊作!?
みなさ~ん、いかがお過ごしでしょうか?
コロナウイルスの感染防止に、毎日毎日気を使い、結構疲れてきているところではないでしょうか。我慢している顔
伯太でも、感染防止のために外出自粛や「密」を避けるよう心がけています。
 
そんな折、今まではただの土で雑草生え放題だったところを、環境整備職員が畑として生き返らせてくれ、
ジャガイモを植えていました。
いよいよ、収穫の時がやってきました。土地がやせていたせいで、大きなじゃがいもは収穫できませんで
したが、参加した利用者さんにじゃがいも堀りを楽しんでもらいました。
大きいの、小さいの、「これ、石?」というような小さいのまでありましたが、自粛生活の中で少し非日常
を感じることができた時間となったと思います。ウィンクしたニンマリ顔
 
そして、伯太の正面玄関の横に、数年前に職員が植えたぶどうの苗がありました。一昨年初めて3粒の実を
つけました。一粒食べてみたところ、なんとおいしい!何の手入れもしていないのに赤い感嘆符と疑問符
というわけで、昨年から棚を作り、枝を這わせて大きくし、昨年は実がつかなかったものの、今年は写真の
ように現在生育中で、たくさんの房がついています。
いつ食べごろになるのか、楽しみです上に曲がる右矢印(赤)
 
ところで、伯太には昨年からお化けのように大きなヒマワリが咲きます。なんと1月まで咲いていました。
今年もすくすく育ち、もうすぐ花の部分が大きくなってきそうです。
次回は、このヒマワリをご紹介します。ひまわり

桜満開

2020-04-08
桃の花
桜も見事に咲きました
桜満開
せっかくの花見シーズンというのに、コロナウイルスの感染防止のため、伯太の利用者さんは外出自粛。幸い、伯太には26年物の桜の木があるので、運動がてら園内を歩行する際に、桜の下を通ることができます桜
少しでも気分転換になればいいのですが。
桃の花も、台風で折れてダメになったかと思いましたが、昨年も、今年もきれいな桃色の花を咲かせ、目の保養になります。
緊急事態宣言も出ましたが、皆で感染防止対策を徹底し、早く終息することを願って、乗り切りましょう赤いびっくりマーク

お正月

2020-01-10
お節料理
明けましておめでとうございます。お祝いマーク
今回、紹介するのは施設のお節料理です。施設で残留する利用者に「お正月」を感じてもらえるようにお節料理のお弁当を提供しています。施設で生活しているとなかなか季節感を感じることが難しいので、行事やお料理はとても大切なものとなっています。お節料理を食べたあとは近くの神社で初詣に行きました。今年も利用者の皆が健康に明るく過ごしてもらえるように頑張りたいと思います。口を広げてにっこりした顔
 

伯太うたまつり♪

2019-11-19
なりきってます
楽しくうたってます!
すっかり秋が深まってきましたね、IL伯太です。
毎年、この時期に保護者を招いてのうたまつりが行われます。
 
うたまつりとは。。。
簡単にいうとカラオケ大会です。
 
聞くのが好きな方は、盛り上げ役に徹し、
歌うのが好きな方は、ご自慢の十八番で場を盛り上げます。
保護者の方もステージにあがり、皆で楽しい時間をすごしました。
 
 
 

生活介護事業所スクエア

2019-10-10
数を数えます
袋に入れます
袋入れてます
シール剥がして封をします
休んでます
梱包してます
IL伯太から車で10分ほど離れた忠岡町にある、生活介護事業所スクエアでは、軽作業として100均でおなじみのフードパックの作業を行なっています。
作業工程はいくつかに分かれていて、フードパックを所定の数に数える人、それを袋に入れる人、袋のシールを止める人、梱包する人、梱包品に貼る紙にハンコを押して日付を書く人です。作業は皆さん随分慣れていて、次々のこなしていかれます。
ひと箱終わると最後の梱包が終わるまで待つのですが、その間の待ち遠しいこと。この作業で得た賃金は、皆さん大事に毎月貯金されています。
TOPへ戻る