本文へ移動

アテナ平和

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

日中どこいこ?見つけるフェスタ

2016-06-17

 

 少し前になるのですが、阿倍野区役所で阿倍野区自立支援協議会主催の

「日中どこいこ?見つけるフェスタ」開催されました。

 

  この名前には、日中どこにも通えていない方や、通いたいけど阿倍野区にどのような通えるところがあるのかわからないという方に様々な事業所があることを知ってもらおうという思いが込められています。

 

このイベントは名前にもある通り、当事者の方に日中に通える場所を探してもらうという目的があります。

 

そのために、普段は電話で予約を取って事業所に行かないと話ができない担当者と気軽に直接話ができるよう、各事業所の相談ブースを設けることで利用を前向きに考えていただけるようになっています。

 

 

様々なジャンルの事業所に参加してもらうことで、ご自身に合った通所先を見つけていただきやすいようになっています。

 

また、事業所の事をより知っていただけるようにと、体験コーナーや事業所で作ったクッキーなどの販売コーナー、映像を使った事業所紹介等も行いました。

 

 

参加事業所は16事業所で、今回から児童分野(放課後等デイサービス)も参加してもらいました。

 

昨年度以上に来場者が多く、また、途中に阿倍野区のマスコットキャラであるあべのんも登場し、喜んでくれるお子さんや怖がってあべのんがいる間はなかなか会場に入ることができないお子さんもいるなど、様々な方に来場していただき本当ににぎやかなイベントとなりました。

 

 

来年度もよりみなさんが参加しやすいように、自立支援協議会の委員で知恵を絞ってより良いものができるように考えていきたいと思います。

 

ふれあい花づくりリレー

2016-06-17
  
 阿倍野区では、「種から花を育てる」ことで、潤いと安らぎのあるまちづくりを進めています。
 
 花づくりの拠点である「阿倍野区花づくりときわ」では「常盤連合花づくり部」を中心とした市民ボランティアさんが種から苗を育てておられ、2次育成場所である小学校や保育所、最終配置場所である商店街や公共施設まで、人の手から手へと「花づくりリレー」が行なわれ、さまざまな交流がうまれる、という「花と緑のまちづくり支援事業」を行っています。 
 
 

 アテナ平和では、2次育場所と最終配置場所として参加しています。

 

 

 今回は、センニチコウ、ペチュニア、ジニア、セルビアの苗を預かり、育てています。 

 

 

 自然のものなので枯れてしまったり、難しさを感じることもありますが、グリーンコーディネーターさん等のボランティアさんに教えて頂いたノウハウを活かしながら、お花と緑でいっぱいのまちづくりのために、アテナ平和もお花のお手入れを頑張っていきたいと思います。

 

 

運営適正化委員会!

2016-06-08
 アテナ平和には、運営適正化委員会があります。委員会では、ご利用者の人権に関わる問題や苦情に対する改善などに取り組み、ご利用者の尊厳を保持し、安心・潤いある生活の場を提供できるよう、全てのスタッフの資質向上を目指し活動を行っています。
今回は平成28年度の取り組みをご紹介します
 
活動内容①
ご利用者支援の日々の振り返りとして、朝礼時の唱和を行っています。テーマは「かんがえよう!あなたの心、わたしの言葉」です
 
活動内容②
日々業務に邁進するスタッフの「よい支援!!」に着目し、その気づきを増やし、良い支援の輪を広げることを目的に「よい支援発見隊!!」を発足しています
 
 

自然史博物館に行きました!

2016-06-08
 長居自然史博物館で現在開催中の特別展「生命大躍進」に行ってきました。
行くきっかけは、メロディ利用者の一人がパンフレットを持ってきて、「これ行きたい」と話されたためです
 参加した利用者の方は、化石や復元模型、そして迫力の4K映像に釘付けになっていました
 
公園内にはあじさいも咲いており、季節を感じる楽しい外出になりました

生活介護メロディ 木下大サーカス鑑賞

2016-05-17
4/15、5/16の2日間、現在公演中の木下大サーカスの鑑賞に行きました
なんといってもホワイトライオン猛獣ショーは迫力があり、参加した利用者の方も喜んでいました。
また、オートバイショーの大音量に興奮したり、怖くて立ち上がったりとプログラムごとに変わる利用者の方の反応が印象に残っています
 
2時間を超える公演で、始まる前は長いから飽きてしまわないかなと思っていましたが、最後のプログラムまで堪能しています
 
終了後、利用者の方に感想を聞くと全部楽しかったと言っていました。天気も良く、公園をゆっくり散歩することもできて、楽しい外出になりました
 
 
TOPへ戻る