アテナ平和

ブログ

 

わかば 「わかば男子会開催」

2018-02-24
 
こんにちはわかばですcool
 
 今年度2回目の男子会を2月10日に行いました前回はショッピングモールでバイキングに行きましたが、今回は「わかばでレッツクッキング」ということで、料理に挑戦してみましたメニューは、たこやきと焼きそばです先ずは、近くのスーパーで買い物からスタート
「キャベツ,高いね」、「さくらえび」、「やきそばソース」などとワイワイ、ガヤガヤと
買い物わかばに戻ってみると、「たまご忘れた」と大事な卵を買い忘れ、スタッフが
スーパーに走ることに
 
 いざ、調理wink
 エプロンに三角巾を身につけた精鋭4人組が颯爽と登場野菜を洗う人、たまねぎの皮をむく人、包丁でにんじん、豚肉を切る人など、それぞれが大活躍でしたたこやき器に生地を流しこむのですが、「え?先に天かすいれるの?」「紅しょうが入れすぎ!」「お餅をいれないと・・・」などと、みんなで大騒ぎでした一方、焼きそば、野菜、豚肉、メンを炒め、えび、いかを加えて海鮮焼きそばの出来上がりenlightenedみなさんの、手際よさには感心しました
 
 そして、楽しいお食事タイム
 口々においしい、おもしろかった、などと話しあい、笑いながら完食しましたyesめったに顔を合わすことのない利用者さんどうしで、協力しあい声を掛けあって、楽しいひと時を過ごせましたwink
 
 ご参加ありがとうございました

就労支援ブリッジ 「一泊旅行に行ってきました②」

2018-02-23
今年度は、ご利用者14名と淡路島へ一泊旅行に行ってきましたwink
 
まずは、明石で明石焼き作り体験をしました
たこ焼きとは違い、生地がやわらかいこともあって、みなさん苦戦されるかと思いきや、さすがブリッジのメンバーだけあり、みなさん上手に明石焼きを焼いておられました
 
ただ、それ以上に盛り上がったのが、明石焼きのお店にいた「ペッパーくん」
みんながペッパーくんに話しかけ、大盛り上がりでした
 
次に、三ツ矢サイダーの工場見学へ。
三ツ矢サイダー作りを実際に見る工程では、何千本のサイダーが一瞬にして出来上がるところを真剣に見ておられました
最後に、お金がいらない魔法の自動販売機で好きなジュースが2本貰え、メンバーのみなさんも興奮しておられました
 
たこせんべいの里でお土産を見て、旅館へ
淡路夢回遊という旅館に泊まったのですが、想像以上にきれいな旅館で、特に女性のメンバーが喜ばれていました。夕食では、恒例のカラオケで盛り上がり、おいしい料理に舌鼓を打ちました。温泉も想像以上に豪華で、別館のスパや無料のマッサージ器など、満喫しておられましたlaugh
 
 
翌日は、淡路名産のふき戻しづくり体験を行いました。
ブリッジの旅行では、様々な体験や工場見学が恒例になっており、メンバーのみなさんも体験にも慣れて上手に作っておられました
 
昼食は、パルシェ香の館で、バイキングを楽しみました
メンバーのみなさんも、好きなものをたくさん食べられる方やバランスよく上手に盛られる方など様々に楽しんでおられました
 
最後に、三田にある「めんたいパーク」でお土産を購入し、今年度の旅行を無事終えることができました
帰りのバスでは、初参加のご利用者の方から「想像以上に楽しかった!来年はどこにいく?」などの声も聞くことができ、スタッフもメンバーのみなさんに楽しんでもらえてよかったと一安心でした

就労支援ブリッジ 「一泊旅行に行ってきました①」

2018-02-23

 

メロディ・リズム 「機関紙の話」

2018-02-16

 

こんにちはメロディ・リズムですcool

 

 今日はメロディ・リズムが毎月発行している機関紙についてお話したいと思いますが、まず本体・アテナ平和でのお話をアテナ平和では「アテナ新聞~ふくろう便~」という機関紙を創立当初から作成しています最初は「きまぐれしんぶん」というタイトルで、編集長の気まぐれで発行していた物だったのですが、入所者の方々から「もっと作って欲しい」というお声をいただき、毎月の発行となりましたそれから約10年色々なスタッフへ編集長の座は引き継がれ、これまでも、これからも続いていくことでしょう

 

 平成27年4月、メロディ・リズムが開所して間もなく、何か物足りない気持ちが抑えられずにいましたそう、それは機関紙に対する想いでした一度始めると途中で投げ出すことはできなくなりますし、そもそもメロディ・リズムで機関紙というものが受け入れられるのかという心配がありましたですが、気付けばカメラのシャッターを切り、パソコンに記事の入力を進めていましたそして音楽にちなんだ事業所名をたくさんの方々に知ってもらいたいという想いで「アテナ新聞~王子町からの調べ~」と命名したのです

 

 現在のメロディ・リズムの編集長は4代目になりますこの日記を挙げるにあたり、機関誌への意気込みを尋ねたところ、「読んだだけでメロディ・リズムにいる気持ちになれるような書面を作りたいですここの雰囲気をそのままお伝えしたいです」と話していました正直なところネタに困る月も多々あるのですが、読み手の方が何を見たいか、事業所として発信すべき事は何なのかを考えながら、今後も“王子町からの調べ”は続いていくと思います

生活介護事業所メロディ 「節分は終わっていなかった」

2018-02-16

 

 

こんにちはメロディですcool
 

 

 つい最近、節分の記事を挙げさせていただきましたが、メロディの節分にはまだ続きがあったことをこの場を借りてご報告させていただきます

 

 先月末、月一回の調理実習において、節分に向けて、ちらし寿司を作ろうという計画がありました。しかし当日に複数名のスタッフが風邪で休むことになってしまい調理実習が中止になってしまいました利用者の皆さまには多大なご迷惑と心配をかけてしまったことを深くお詫びいたししますそして今回はそのリベンジcrying朝からスタッフが野菜の下ごしらえを行い、その後利用者さんを交えて、ちらし寿司作りを行いましたリベンジに燃えた今回の調理実習も大盛況でしたそして写真にもあるように、料理はハートでするものだということを学びました