アテナ平和

 
フォーム
 
メロディ・リズム 「機関紙の話」
2018-02-16

 こんにちはメロディ・リズムですcool

 

 今日はメロディ・リズムが毎月発行している機関紙についてお話したいと思いますが、まず本体・アテナ平和でのお話をアテナ平和では「アテナ新聞~ふくろう便~」という機関紙を創立当初から作成しています最初は「きまぐれしんぶん」というタイトルで、編集長の気まぐれで発行していた物だったのですが、入所者の方々から「もっと作って欲しい」というお声をいただき、毎月の発行となりましたそれから約10年色々なスタッフへ編集長の座は引き継がれ、これまでも、これからも続いていくことでしょう

 

 平成27年4月、メロディ・リズムが開所して間もなく、何か物足りない気持ちが抑えられずにいましたそう、それは機関紙に対する想いでした一度始めると途中で投げ出すことはできなくなりますし、そもそもメロディ・リズムで機関紙というものが受け入れられるのかという心配がありましたですが、気付けばカメラのシャッターを切り、パソコンに記事の入力を進めていましたそして音楽にちなんだ事業所名をたくさんの方々に知ってもらいたいという想いで「アテナ新聞~王子町からの調べ~」と命名したのです

 

 現在のメロディ・リズムの編集長は4代目になりますこの日記を挙げるにあたり、機関誌への意気込みを尋ねたところ、「読んだだけでメロディ・リズムにいる気持ちになれるような書面を作りたいですここの雰囲気をそのままお伝えしたいです」と話していました正直なところネタに困る月も多々あるのですが、読み手の方が何を見たいか、事業所として発信すべき事は何なのかを考えながら、今後も“王子町からの調べ”は続いていくと思います

 
生活介護メロディ 「節分は終わっていなかった」
2018-02-16

 こんにちはメロディですcool

 

 つい最近、節分の記事を挙げさせていただきましたが、メロディの節分にはまだ続きがあったことをこの場を借りてご報告させていただきます

 

 先月末、月一回の調理実習において、節分に向けて、ちらし寿司を作ろうという計画がありました。しかし当日に複数名のスタッフが風邪で休むことになってしまい調理実習が中止になってしまいました利用者の皆さまには多大なご迷惑と心配をかけてしまったことを深くお詫びいたししますそして今回はそのリベンジcrying朝からスタッフが野菜の下ごしらえを行い、その後利用者さんを交えて、ちらし寿司作りを行いましたリベンジに燃えた今回の調理実習も大盛況でしたそして写真にもあるように、料理はハートでするものだということを学びました

 
短期入所リズム 「一番忙しい人」
2018-02-12

 こんにちはリズムですcool

 

 リズムで宿泊をするには、その月の1ヶ月前の月始めに予約を入れて頂かなければなりませんちょうど今は確定した3月の予約を皆様へお伝えしている所なのです現在リズムは100名以上の登録者さん、その内毎月平均40名以上の方々の利用によって成り立っていますたくさんの方々が日替わりでご利用下さる中、一番気をつけているのは「ダブルブッキング」です1日6名の方までしかご利用頂けない中、7名以上の予約を誤って受けてしまうと、利用者さんへ多大な迷惑が掛かってしまいますその為リズムでは予約受付の窓口を1人のスタッフに一本化し、ミスが生じないよう細心の注意を払っています1人のスタッフで予約を管理しているので、そのスタッフが不在の際にはお返事に時間を要してしまい、皆さんへ不便な思いをさせてしまっているかもしれませんが、どうぞご理解・ご協力のほどよろしくお願いします

 1日1日皆さんに快適に利用してもらえるよう、また事故が起きないよう慎重に予約の調整を行っておりますそしてこの10日前後のタイミングで皆さんへお返事をさせて頂くことになるのですが、写真の彼はこの日、リズムで一番忙しい人の称号を得たスタッフなのです

 
生活介護メロディ 「節分行事の様子」
2018-02-07
 最後に衣装をまとって記念撮影です 鬼の反省会がその場で行われていたようです
 
生活介護メロディ 「節分行事」
2018-02-07
 こんにちはメロディですcool
 
 早いものでもう2月ですね3日は節分だったということで、メロディでは節分の行事を実施しました
 
 クリスマスやハロウィンに関しては行事を盛り上げる要素がたくさんあるのですが、毎年この“節分”という行事にスタッフは悩まされますですが、担当者はめげません皆さんに楽しんでいただくべく、今年は「節分とは」という日本の風習についての説明から始めましたその話に豆まき大会が始まるきっかけを少し着色し、その後鬼が3人(匹?頭?)現れますそこからプラスティックボールや新聞紙での豆まき大会が始まります普段あまり前へ出られない方も、この時は楽しげに鬼へ向かってメジャーリーガー並みのスローイングを見せてくれていました最後に、この日偶然にも誕生日だったスタッフのお祝いがあったとか、なかったとか・・indecision
 
 次回の行事は“雛祭り”になるのですが、これもまたスタッフが悩まされる行事の一つです・・
 ​ ​法​人​本​部​事​務​局​
 
社会福祉法人
日本ヘレンケラー財団
〒545-0011
大阪府大阪市阿倍野区
昭和町3-4-27
TEL.06-6628-2229
FAX.06-6629-6239
-------------------------
(1) 第一種社会福祉事業
イ. 救護施設の経営
ロ. 障害児入所施設の経営
ハ. 障害者支援施設の経営
(2) 第二種社会福祉事業
イ. 障害福祉サービス事業の経営
ロ. 一般相談支援事業の経営
ハ. 特定相談支援事業の経営
ニ. 障害児相談支援事業の経営
ホ. 移動支援事業の経営
ヘ. 地域活動支援センターの経営
ト. 無料及び低額宿泊所提供事業の経営
チ. 障害児通所支援事業の経営
qrcode.png
http://helenkeller.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

526541
<<社会福祉法人 日本ヘレンケラー財団>> 〒545-0011 大阪府大阪市阿倍野区昭和町3-4-27 TEL:06-6628-2229 FAX:06-6629-6239