本文へ移動

たんぽぽ園

たんぽぽ園(児童発達支援事業)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

オニはそと~ふくはうち~

2018-02-16
2月2日(金)に「豆まき」をしました(少しあわてん坊のオニさんです。土曜日が休みの為、前日になりました

 

 子どもたちは、絵本を見て、豆まきの練習をした後にオニが登場しました

怖くて動くことができない子ども、不安な表情をしながらオニに豆を投げに行く子どもと様々でしたが、何とか無事にオニを退治することができました

おやつを食べている様子です!

2018-01-23
 みんな、美味しそうに食べています

おやつパーティーをしました!!

2018-01-23
 1月9日(火)に『おやつパーティー』をしました
 
 この『おやつパーティー』にはお約束があり、それは、たくさんある“おやつ”の中から好きな“おやつ”を貰いに行くときに、食べたい“おやつ”と同じカード(写真)と交換するというお約束です
 なんと!子どもたちはお約束をしっかり守り参加することができていました
 
そして、貰った“おやつ”をニコニコ笑顔で食べ、美味しかったようで何度も何度もおかわりに来ていました。
 
 ぜひ、『おやつパーティー』の様子をご覧ください

「保育所等訪問支援事業」をご存じですか?

2018-01-23
 阪南市立たんぽぽ園は、平成28年4月から『児童発達支援事業』より『児童発達支援センター』となり、今までの「児童発達支援事業」に加え、「障がい児相談支援事業」「保育所等訪問支援事業」が加わりました。そして、今回は「保育所等訪問支援事業」についてお知らせいたします。
 
 
  保育所等訪問支援事業は子どもの発達支援を目的として、児童福祉法に基づいて行うサービスです。保育所・幼稚園・小学校などに訪問し、発達の気がかりな子どもが集団活動に馴染むことができるよう当園のスタッフ(訪問支援員)が、担任の先生方と協働しながら支援します。
 
 
「コミュニケーションがとりにくい」「こだわりやかんしゃくがあり時間がかかる」「活動や授業に集中できない」などの悩みはありませんか?
 
 
 子どもたちが楽しい園生活、学校生活を送ることができるようお手伝いします。
 
 ぜひ、お気軽にご相談ください。
 
 
※「障がい児相談支援事業」については、本ホームページの2016年4月15日の「たんぽぽ園が児童発達支援センターになりました!」を見てください。

♪クリスマス会♪ケーキも美味しくいただきました!

2017-12-26

たんぽぽ園(放課後等デイサービス)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

お弁当!

2013-12-25
今日から冬休み
 
利用されている子ども達と、社会勉強も兼ねて近くにあるお弁当屋さんに昼食を買いに行きました
 
色々なお弁当がある中で、すぐに決める子もいれば、悩む子どももいてその姿を見ると微笑ましくなりました。
 
帰ってきて、自分が買ったお弁当をほうばる子どもたちが印象的でした

クリスマス会

2013-12-20
クリスマス会の続きです。
 
待ちに待ったサンタの登場子どもたちは「サンタだー。違うって!○○先生やー」と少し興奮した様子でした。
サンタからクリスマスにまつわる話を聞いた後は、いよいよプレゼント
スタッフがひとりひとりにプレゼントを考えて購入したので、喜んでくれたらうれしく思います。
 
今回のクリスマス会は楽しい事ばかりでなく、スタッフとの別れもありました。
スタッフが話している間、子ども達はしっかりと椅子に座って耳を傾けて聞いており、話のあとは、握手を求めに行くなど、本当に感動の一場面となりました
  
子どもたちのとてもいい笑顔が見ることができて、今から来年のクリスマス会が楽しみです
 
 

クリスマス会

2013-12-20
今日は待ちに待ったクリスマス。ご家族に「楽しみ」と話している子どももいて、こちらまで嬉しくなりました。
 
内容は盛りだくさんで、まずは縁日などで見かける、ひも引きです。お菓子や、ティッシュなど何が出るかは引いてからのお楽しみ。目当てのものが当たった子どもは「やったー」と大喜びでした。
 
次は、みんなで食事です。チキンナゲットとポテトフライ、ケーキを食べました。ケーキはただ用意されたものを食べるのではなく、切ったロールケーキを用意して子どもたちが好きなように生クリームやチョコレートをトッピングしてもらうという形にしました。
 
次に、練習してきた歌です。日ごろの練習成果を見てもらうために、スタッフ手作りの蝶ネクタイをつけ、児童発達支援のスタッフをお客様として呼び、その前で歌を披露しました。みんな楽しく堂々と歌っている姿が印象的でした。

ぞうの部屋を使って

2013-12-18
たんぽぽ園には広い園庭があり、普段はそこを使って遊ぶのですが、天気が悪い日や、暑すぎる日、寒すぎる日は体調を考えて、室内で過ごします。しかし、室内では十分には体を動かすことはできませんでした
そこで、広いぞうさんの部屋(遊戯室)を使うこととなりました。遊具もたくさんあり、子どもたちも楽しそうに遊んでいました。これからも定期的に開放していけたらと思っています

感染症対策

2013-12-17
たんぽぽ園では、ノロウィルスの感染拡大対策として、実際に子どもが感染した状態で、利用し嘔吐があった時の対応方法を看護師が講師役となり、講習を行いました
耳で話を聞くよりも実際に動いてみて初めてわかることが多かったので、とても有意義なものとなりました
 
感染症は発症した時の事後処理は勿論大事ですが、予防がもっと大切ですので、登園した時に手洗い・うがいを子ども、スタッフともに行うよう取り組んでいます。
TOPへ戻る