本文へ移動

たんぽぽ園

たんぽぽ園(児童発達支援事業)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

休日参観

2016-12-26

休日参観

2016-12-26

1113()に休日参観をしました。日曜日に参観をしたこともあり、お母さん達だけでなく、お父さん達も参加してくださいました

そして、この日の遊びは、スキンシップ遊び(今回は、ムーブメントを取り入れた遊び)をしました。この日は、親子でたくさん触れ合うことができ、子ども達だけでなく、保護者の皆様も笑顔で楽しく過ごされていました

子ども達、保護者の皆様が楽しんでいる写真をどうぞ

食育活動「サツマイモ」

2016-12-26

1111()に「クッキング」をしました。この時期といえば・・・・・・・・そう、サツマイモを使った「スイートポテト」作りをしました

ふかしたイモをグッグとつぶして、材料を混ぜ合わせ、形を整え、オーブンで焼き完成ですできたスイートポテトは、お弁当のあとに食べ、みんなご飯でおなかが一杯だと思っていましたが、あまりの美味しさにペロリと食べていました

10月の制作「どんぐり」

2016-10-27

10月は木に実った「どんぐり」を作りました

 手のひらに絵の具を付けペタペタと画用紙にたくさんの手形を付けて木を作り、その後にどんぐりの顔をシールで作ったり、ペンで描いたりと個性あふれるどんぐりが出来あがりました

 一つひとつ表情の異なるどんぐりたちを見ていると、秋を感じることができ、和みますね

秋の遠足 ~IN みさき公園~

2016-10-27

1014()に「みさき公園」へ遠足に行ってきましたみさき公園は、動物園がある遊園地で、たんぽぽ園がある阪南市のほとんどの人が行ったことのある地域に親しまれているところです

この日は、動物を見たり、乗り物に乗ったり、散歩をしたり、最後にはイルカショーを見たりとみさき公園を満喫しましたまた、みさき公園の行き帰りは、バスではなく、電車を使用し、公園内も考えると、長い距離を移動できました。春の遠足の時には、こんなに歩くことができたのかなと子どもたちの成長を感じました。みんなすごい

たんぽぽ園(放課後等デイサービス)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

おきあがりこぼし

2014-03-24
3月の制作として、「おきあがりこぼし」づくりに取り組んでいます。
 
まずは、ふくらました風船に水のりをたっぷりつけた新聞紙やチラシを張り付けていきます。そこでいったん乾かします。
 
乾いたら風船を抜き、中におもしを入れて白い紙を張っていきます。ここで難しいのが、重心がしっかり真ん中に来ているかということですが、調整しながら紙を貼っていきます。ここまでできたら再度乾かします。
 
乾いた後は、子供たちが好きな色紙を白い紙の上から張っていき、顔のパーツを貼れば完成です。
 
怒った顔や、優しそうな顔などとても個性豊かなおきあがりこぼしができました

ゲーム大会

2014-03-20
3月のゲーム大会はボーリングを行いました
 
テーブルの上にピンを並べて、ボールを転がします。投げるのが難しい児童は机につけたゴムの力を利用して、ピンめがけてボールを転がします。
 
すごく盛り上がり、ゲーム終了後も「もっとやりたい」との声が聴かれました
 
最後に表書式を執り行い、会は終了しました。

別れの季節です…

2014-03-14
春は出会いの季節ですが、別れの季節でもあります。たんぽぽ園からも卒園する児童が2人います
 
3月はそのうちの一人が誕生日月だったこともあり、『お別れ会・お誕生日会』を催しました。
 
普段はなかなか友達の輪に入らない児童も頑張って輪に入ってくれ、チキンナゲット、ポテトフライ、ケーキを食べました。その中にブロッコリーもあったのですが、これはなんとたんぽぽ農園で収穫されたブロッコリーで、とても色鮮やかなグリーン色で、彩りを添えてくれました
 
また、園長も会に駆けつけてくれ、卒園する児童に挨拶をしてくれました
 
スタッフから寄せ書きした色紙を手渡し、会は終了となりました。
 
さびしくなりますが、これからも元気で生活されることをたんぽぽ園スタッフ一同願っています

4月壁面

2014-03-11
3月もまだ途中ですが、14日に開かれる「お別れ会」をより一層盛り立てるべく、桜をメインとした壁面を作成しました。
 
立派な桜を完成させることができたうれしさと、もうすぐお別れとなる児童がいる寂しさもこみあげてきて、複雑な気分でした
 
しかし、当日は笑顔で卒園児を送り出したいと思います
 

3月壁面

2014-03-03
3月といえば、ひなまつり
 
たんぽぽ園にも大きなおひなさんが飾られました
 
スタッフからは、早くしまわないとお嫁にいけないという声も聞かれました
TOPへ戻る