本文へ移動

OCA委員会

OCA委員会(趣旨・目的)

<趣旨>OCA委員会(Ombudsman Caravan Activity)は、各事業所における支援の向上及び施設におけるハード面改善、危険回避につながることを目的とした理事長の諮問機関とする。
<目的>OCA委員会は、①定期的に各施設を訪問・巡回し、利用者の支援内容及び問題点等の検討、②先駆的事業の開発・推進に関すること、③建物の危険個所のチェック、④カリキュラム(日課・活動)の見直し の業務を行うことにより、利用者の人権を尊重し、利用者本位の支援がなされているかを検証し、また、施設内外におけるハード面の危険箇所等の指摘を行うことにより、事故等を未然に防止することを目的とする。

OCA委員会活動報告一覧

RSS(別ウィンドウで開きます) 

令和4年度 第3回 OCA委員会 ~会議を行ないました!~

2022-08-19
こんにちは。OCA委員会です。
  新型コロナウィルスが猛威を振るう第七波の中、開催が危ぶまれたOCA委員会の会合ですが、ソーシャルディスタンスで時短という条件のもと7月末に実施致しました。メンバーも全員参加とはいきませんでしたが、それでも今後の活動についての検討がどうしても必要でした。
 各施設への委員会メンバーの訪問も当面は中止ということになり、委員会の活動をどう行っていくか?議論の末、各事業所における昨年度の事業報告と今年度の事業計画の内容を精査しようということになりました。また一同介しての会合は中止し、リモートで会議を行う事としました。
 これまでとまた別の形で活動していくこととなりましたが、OCA委員会の活動の目的は変わりません。
皆様、これからもOCA委員会の活動にご理解ご協力下さいますよう、よろしくお願い致します。


 

令和4年度 第2回 OCA委員会 ~施設訪問しました!~

2022-08-16
 暑さも増し、いよいよ夏本番という今日この頃ですが、これまで新型コロナウィルスの影響で滞っていたOCA委員会の活動もいよいよ本格始動していますので、今回は6月25日に行われました委員会の会議のご報告をさせて頂きます。
  現在、OCA委員会の活動対象となっているのは和泉市“障害者支援施設 太平”と阿倍野区“障害者支援施設 アテナ平和”と“福祉型障害児入所施設 平和寮”の3施設です。それぞれの施設へOCA委員会内で編成した担当グループが訪問し、ご利用者・スタッフへのインタビューや、施設内見学を行ってソフト・ハード面における不適切支援・危険個所等の指摘を行います。
 6月にOCA委員会が訪問し、スタッフへインタビューのさせて頂いた内容についてご報告差しあげます。
 
【太平】
・初訪問の委員会スタッフへパワーポイントを用いて丁寧に事業の概要を説明してくれた。
・全体的に建物の老朽化が進んでいるが、露骨に傷んでいる箇所には壁紙を貼るなどの工夫が成されており、事前に聞いていた程の“古い”という印象は受けなかった。
・コロナ禍で外出・帰宅が制限されているが、敷地面積が広い事から閉鎖的な印象は薄かった。
・スタッフがご利用者のストレスフリーに努めており、実際にご利用者はのびのびと過ごされていた。
 
【アテナ平和】
・事前に施設の概要を伺っていたが、実際に訪問すると入所ご利用者の生活フロアにおける危険個所が多く見受けられた。
・縦型にフロアで分かれており、スタッフ間のコミュニケーションが十分にとれていない場面がある。
・デジタル化を図り、情報共有における利便性を高めたいが、コストの問題があって実現できていない。
・入所ご利用者の多くがマスクの着用が困難で、十分な外出ができていないが、徐々に緩和していくコロナ禍の状況の中で、ようやくドライブへ出られるようになった。
・生活フロアがユニットで区切られていることから窮屈さを感じてしまう。
 
【児童平和寮】
・2階の大広間(プレイルーム)において、以前は出来ていなかった「目的に応じた分離」という改善が成されていた。
・担当職員へ話を聞いて欲しいという訴えを続ける児童がいたが、担当職員は別の業務に手を追われており、対応することが困難という場面に遭遇。日々こういった“人手がなく、すぐに対応できない”という場面が多いとのこと。
・委員会側から現場スタッフへ「困っている事は?」という質問に対し、「事務をする時間がない」「担当業務を勤務時間内でこなすことができない」という声が多く上がっているが、全体的に仕事に対し“辛い”“過酷”という印象は持っておらず、それ以上の困っている事への意見は挙がらなかった。
 
以上になります。OCA委員会として各施設の質の向上にどれだけ携われるかは分かりませんが、少しでもご利用者・その現場で働くスタッフの力になれるよう努力したいと思います。また7月の会合を経て、進捗情報を挙げたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
 


 
障害者支援施設 太平
障害者支援施設 アテナ平和
福祉型障害児入所施設 平和寮

令和4年度 第1回 OCA委員会 ~再始動しました!~

2022-05-31
 皆様、この「OCA」という言葉に聞き覚えがありますでしょうか?
「Ombudsman Caravan Activity」の頭文字をとったもので、その内容は「ご利用者の人権を尊重し、ご利用者本位の支援がなされているかを検証します。また、施設内外におけるソフト面・ハード面の両面における不適切支援・危険個所等の指摘を行うことにより、事故等を未然に防止し、支援の向上に寄与する」というものです。
 具体的にはヘレンケラースタッフと“NPO法人 キャンピズ”のスタッフの方とチームを組み、ヘレンケラー財団の事業所を訪問します。スタッフ・ご利用者へインタビューをしたり、実際に現場に入ってその施設の支援内容や問題点を客観的に見て改善を図っています。
 新型コロナウィルスの影響で、丸2年間活動できていませんでしたが、ようやくこの4月から活動を再開できることとなりました。今年度から委員会には新しいメンバーも加わり、これから心機一転頑張っていこうと思いますので、今後のOCA委員会の取り組みにどうぞご期待ください


 

第11回 OCA委員会

2020-08-11

718日(土)に今年度最初のOCA委員会が開催されました。コロナ禍の影響もあり、2月より中止をしていましたが、落ち着いてきた?こともあり、実施する運びとなりました。今回は新しいメンバーが入り、気分を新たにスタートしています。訪問施設は、前年度と変わりなく、児童平和寮、アテナ平和、太平の3施設です。前年度からのメンバーも多くいるため、スムーズに訪問しています。ご利用者とは、感染予防の観点から接することはできませんでしたが、職員の聞き取りを通し、今年度の方向性を決める会議となりました。コロナウイルス感染者数が増えてきているので、今後の見通しも立たないですが、各施設の感染予防対策を共有することで、法人内に感染者が出ないようにしていきたいと改めて感じる機会となりました。

第10回 OCA委員会

2020-02-04
1月11日(土)に第10回OCA委員会が開催されました。訪問は、アテナ平和では館長との面談。太平では、職員の聞き取りとミュージックケアの見学。児童平和寮では、職員の聞き取りとプレイルームで一緒に活動をする。ことを行いました。ご利用者や職員と話す機会も増えてだんだんと活動が充実してきていると感じています口を広げてにっこりした顔 今月は、法人内の各施設の施設長も参加して会議を実施しました。普段OCAで行っていることを発表しながら、今課題だと感じていることの共有を行うことにより、この委員会の在り方も考えられる意見交換の場となりましたからかった顔 今年度はあと2回ですが、今後も継続して続いていく活動の流れが作れていることに、充実感を感じる委員会メンバーでした…
TOPへ戻る