本文へ移動

常勤職員の声

救護施設 平和寮 (3年目)日本福祉大学出身

・入職のきっかけ
 救護施設平和寮に非常勤で約2年間勤め、職場の雰囲気が気に入りました。介護福祉士の試験に合格し、一番下の子どもが中学生になったのをきっかけに、中途採用で常勤になりました。私は、4人の子どもがいる6人家族なので家事の量も半端なく、通勤時間が短い今の職場はとても有難いです。また、終業時刻にきっちり帰れるし、有休も遠慮なくとれる雰囲気で、働きやすい職場だと思います。結婚してからずっと専業主婦でしたが、介護福祉士をしている仲良しの近所のママ友からの「介護の仕事に向いてる。」という言葉に乗せられ、軽い気持ちでヘルパーの資格をとり、福祉の仕事に就いて5年目になります。
 
・仕事での苦労・やりがい
 コミュニケーションの取り方に苦労してます。知的障がいや精神障がいの方は感じ方や表現のしかたが、それぞれ違っていて、利用者さんの真意を汲み取るのはなかなか大変です。何を伝えたいのか、しつこく聞き出そうとすると返って利用者さんを怒らせてしまったり…でも、その分かりあえた時の喜びはひとしおです。ちょっとおおげさですが、言葉上だけでなくもっと深い部分で、人間同士の信頼関係ができ上がったような感じです。
 
・成長した点・これからの目標
 時間の使い方が上手くなったと思います。平和寮で仕事をしていると20代~50代の実習生が来ます。同じ世代の人が仕事や家事をこなしながら大学の通信教育で社会福祉士の勉強をしている姿に感銘を受け、私も4月から社会福祉士の勉強を始めました。職場でも自分の子くらいの若い職員が、専門知識を駆使してテキパキと仕事を進めていく姿は、素直にかっこいいなと思います。私も若い先輩達に学びながら、人間性も磨いていかなければと思います。
 
・学生の方へのメッセージ
 大学は、福祉とは全く関係のない外国語学部でフランス語を学んでいましたが、ボランティアで通訳のアシスタントに行き、あまりの業務の過酷さに嫌気がさし、ドロップアウトしてしまいました。その後、一般企業の営業事務を経て結婚。家事、育児に追われる日々でしたが、今の仕事は、今までの経験が全て役に立っていると思います。どんな境遇にあってもその中で、楽しみや幸せを見いだす力が必要だと思います。福祉の勉強をしている人もそうでない人も学生時代にやりたいことをやって、いっぱい楽しい経験をして下さいね。その経験が活かせる職場だと思います。

障害者支援施設 太平 (4年目) 四天王寺大学出身

入職のきっかけ

元々子どもと関わるのが好きで、大学は児童と障がいの両方が学べる学科を選びました。入学後に障がい児実習や障がい者実習を経験し、将来自分の仕事として、知的障がいを持つ人の支援がしたいと思う様になりました。就職活動をする時期になって、太平に就職した大学の先輩から、「ぶらっとランチ」という法人就職説明会を紹介されて参加しました。そこから施設見学やボランティアをさせてもらって、ここで働きたいなって思って入職させて頂くことにしました。

 

仕事での苦労・やりがい

 言葉の無い利用者さんとのコミュニケーションがむずかしくて、なかなか利用者さんの事を理解することができませんでした。でもそんな中、利用者さんと日々関わりを深めていくうちに、ちょっとでも利用者さんが何を訴えているのかが分かるようになると、とても嬉しくてやりがいを感じます。

 

これからの目標

1年目の頃は、日々の業務を覚えるのに必死でした。これからはもっと利用者さん一人ひとりとの関わりを深めていきたいです。それと「指示待ち」という、ただじっと待っているのではなくて、自分からどんどん色々な事にチャレンジできる様になりたいです。

 

学生の方へのメッセージ

 この仕事を始めてから、自分自身“笑顔”が増えたと感じています。もちろん楽しい事ばかりではありませんが、利用者さんとの関わりのなかで“ほっこり”したり、つい笑ってしまったりする様なことがたくさんあるので、職場に来るのが楽しみになっています。他にもお伝えしたいことがありますが、実際に自分の目で見てみるのが一番です。ぜひ福祉の現場に足を運んでみてください。

障害者支援施設 IL伯太(3年目)大阪女子短期大学出身

入職のきっかけ
 大学1年の時にIL伯太に実習に行ったことから福祉の仕事に興味をもちました。
直接、障がいを持つ人たちとどのように関わっていけば良いのか分からず、不安と緊張で不安でいっぱいだったのが、入職前の当時の正直な気持ちです。ですが、初日からそんな緊張を跳ね飛ばすくらい利用者さんが温かく、たくさん接してくれて自分の中の印象が大きく変わりました。
毎日、利用者のみなさんと関わっていきたいと思い、入職を決めました。

 福祉施設で働く魅力は?
 一人一人、個性のある利用者さんと関わり、コミュニケーションをとることで、日常では味わえない事を経験させてくれることが魅力だなと思います。
 
学生の方へのメッセージ
 食事、トイレ、お風呂や全ての介助を経験するのが初めてで、1から覚えるのが大変でしたが、職員の皆さんが1から100まで丁寧に教えてくれたので頑張れました。利用者さんが笑顔でお話ししてくれる度にこの仕事に決めて良かったとやりがいを感じます。
行事があったり、利用者さんと旅行にも行ったり、楽しいことが沢山あります。毎日、勉強になることが沢山あり、日々、自分にプラスになります。ぜひ、入職してください。

多機能型事業所 さつき園(3年目)四天王寺大学出身

入職のきっかけ
中学生のときに児童養護施設の存在を知り、将来児童養護施設で多くの子ども達を支援していきたいと思ったことがきっかけで大学では福祉学を専攻していました。大学時代に障がい児施設で実習を行なったことや部活で障がいを持つ方のボランティアをしていたことから、障がい分野に興味を持つようになりました。就職活動で障がい分野の施設を多く展開している法人を探していたところ、この法人の存在を知り入職しました。
 
さつき園の魅力
さつき園では生活介護、就労継続支援B型が隣の部屋にあり、週に1回1時間程度2つのグループでの交流の場が設けられています。利用者さんが主となって様々な活動を企画し実施しています。普段では見ることができない利用者さんの楽しそうな表情や、生活介護の利用者さんの様子も見ることができるため、私も利用者さんと一緒になって楽しんで参加しています。
 
仕事での苦労、やりがい
私の配属先である就労継続支援B型では、利用者さんは工賃を貰うために日々作業を行なっています。作業効率を上げることも大切ですが、利用者さんの特性に応じて作業内容や作業方法の工夫を考えること、利用者さんにやりがいを持って継続して仕事に取り組んで頂くように支援方法を考えることが難しいと思うこともありますが、とてもやりがいを持って支援することができています。
 
成長した点、これからの目標
実習等で利用者さんの関わり方やコミュニケーション方法を学んできましたが、実際職員の立場となって利用者さんと関わることは、影響力の違いや、言葉掛け1つで利用者さんの動きに良い方向にも悪い方向にも繋がっていくことを感じました。この1年でどのような言葉掛けをしたらより伝わることができるのか、毎日利用者さんと関わっていくことで経験として積み重なっていると感じています。
今後、利用者さんが毎日通って仕事を頑張りたいと思って頂けるような環境づくりと、作業提供を工夫して行なっていきたいと思っています。
 
就職を考えている方へのメッセージ
私は元々児童養護施設で働きたいと思い大学に入学しましたが、大学で児童分野だけでなく様々な分野の施設を見た事で魅力をたくさん知る事ができ、現在は就労継続支援B型で働いています。就職活動の前に興味のある分野はもちろん、他の分野の施設にもたくさん見学や実習に行くと新たな分野の発見や、就職先の幅も広がって良いと思います。

障害者支援施設 アテナ平和(4年目)大阪健康福祉短期大学 出身

入職のきっかけ
 短期大学での障がい児実習で、障がいのある子どもと関わり、障がいについて知りたいと思いました。その事がきっかけで施設に見学へ行くようになり、見学したところで紹介を受けたのがヘレンケラー財団でした。ヘレンケラー財団では障がいの分野において多くの事業所があり、児童、就労、相談支援、生活介護など、多方面で学びたいと思い就職しました。
 
仕事での苦労や、やりがいは?
 専門的な仕事から力仕事まで、日常業務も多くあり、ご利用者との関係作りが最初はなかなか上手く進まず、しんどくなることもありました。ですが、ご利用者と関わり続け、関係を築いていくことで笑顔を見せてくれるようになり、自分の自信に繋がっていきました。それからは、ご利用者にもっといい生活をしてほしい、もっと笑顔になって欲しいと感じるようになりました。それが苦労であり、やりがいでもあります。
 
これからの目標は?
 僕が短期大学の実習でお世話になった先生が子ども達にとても慕われており、いつも笑顔で楽しく仕事をしている人でした。この先生との出会いが、障がいのある人たちと関わりたいというきっかけになったので、僕もどんな状況でも笑顔を忘れず、楽しくご利用者と関わることの出来る支援員になりたいと思います。
 
福祉の仕事を目指している人へのメッセージ
すごく大変なこともあり、諦めそうになることもあると思いますが、自分が福祉の仕事に携わりたいと思ったきっかけを大切に出来れば、きっと楽しく仕事ができるのではないかなと思います。僕自身、まだまだ未熟なので一緒に福祉の世界で楽しく仕事しましょう。
 

障害者支援施設 アテナ平和(1年目) 大阪保育福祉専門学校・大阪芸術短期大学通信教育学部 出身

入職のきっかけ

 元々、私は保育士を目指して専門学校に入学しました。その専門学校での初めての実習で“アテナ平和”を知りました。実習に来る前までは、私の中での障がいのある方へのイメージはマイナスなもの(叫ぶ・暴力的など)ばかりでした。不安な中実習に来た際、ご利用者の方はフレンドリーに話しかけて下さる方や言語的コミュニケーションが難しい方は、スキンシップや笑顔で接してくださり、自然に自分も笑顔になって、私が抱いていたマイナスイメージはなくなっていました。また、実習中は丁寧かつフレンドリーに指導して下さる職員の方ばかりでした。とても楽しい実習の時間を過ごせたことから、「ここで働きたい!」と思い、2018年の4月から1年間インターンシップとして働き、入職をしました。

 

やりがいや苦労  

 インターンシップ(非常勤スタッフ)として働き始めた時は、通所をメインに仕事をしていました。通所の業務も慣れてきた頃、早出や遅出、夜勤と段階を踏んで入所の業務も始めていきました。その際、通所・入所での仕事内容の違いや、ご利用者の日中には見られない姿に戸惑いを隠せない時は多々ありました。また、信頼関係もなかなか築けずにうまくいかない事ばかりでした。支援の中でも、物事をどのように説明をしたら伝わるのか…、どのように介助をすると利用者の方にとって良いのか…と日々悩んでいますが、私の説明でご利用者の方に物事を理解して頂けた時や介助した時に「ありがとう」の一言があった時に、ここで働いていてよかったと思います。

 

これからの目標

 「ご利用者の方のできることを1つでも増やしたい」「ご利用者・職員共に笑顔になれる空間」が、私にとっての目標です。まだまだ未熟で、これから大きい壁にもぶち当たると思いますが…自分らしく頑張っていきたいと思います。また、私自身が実習生やインターンシップ生として学んでいたことから、同じ立場で学びに来る方のサポートもできるようになりたいです。

 

就職を考えている方へのメッセージ

 大変なこともありますが、嬉しいことや楽しいこと、やりがいがたくさんある職場です。また、夏祭りやハロウィン、クリスマス会や一泊旅行など楽しい行事もたくさんあるところも魅力の1つです。

“人と関わることが好きな方”や“人の為に働きたい!”という方は、一度アテナ平和に来てみてください。そして、いつの日か一緒に働けることを楽しみしています!

 

地域生活支援センター 各駅停車(6年目) 

入職のきっかけ
 長年、百貨店に勤務していましたが、退職を機にヘルパーの資格を取得しました。ヘルパーステーション最寄駅の求人募集に応募し、非常勤職員として、土日はヘルパーステーション最寄駅、平日はシルフ(生活介護さをり)に約半年間勤務し、その後は、ヘルパーステーション最寄駅に専属で約半年間勤務しました。職場の皆様の優しさや、ご利用者の笑顔に触れ、日々楽しくお仕事させていただきました。当時のセンター長の推薦もあり、勤務しながら通信教育で社会福祉主事の資格を取得し、常勤職員としてヘルパーステーション最寄駅に配属になり現在に至ります。
 
仕事での苦労、やりがい
 百貨店で婦人服販売の接客業を経験し、販売の仕事も福祉の仕事と同じように、コミュニケーションが大切なお仕事、幸いご利用者とは早い段階からスムーズにうちとけることができましたが、私には全く畑違いな福祉の世界で、入職当時は右も左もわからない状態だったことを思い出します。温かな職場環境の中で、皆様に支えていただきながら、現在は、ご利用者のご意向に沿った安全で楽しい支援を心がけながら、日々試行錯誤していますが、苦労と感じることはあまりなく、ヘルパー外出、通院介助、事務など、いろいろな仕事に携われるので、毎日新鮮な気持ちで、伸び伸びと楽しくお仕事させていただいています。ご利用者から向けられる笑顔やしぐさ、「ありがとう」「楽しいな」という言葉に元気をいただけ、もっとご利用者のお役に立てればという気持ちが湧いてきてやりがいを感じます。そして、職場の皆様が、本当にとても優しく、温かく接してくださり、職場の環境が日々の業務のやりがいにも繋がっています。
 
成長した点、これからの目標
 年数を重ねて行くごとに、経験も知識も少なからず増えて行き、徐々に周りも見えるようになってきました。まだまだ、日々、皆様から学ばせていただくことが沢山ありますが、ご利用者の相談に乗らせていただいたり、任せていただける仕事が増えたり、少しは成長できたかなと感じています。相手の立場に立って考え、行動し、人の気持ちに寄り添い、その気持ちを少しでも理解できるような支援員になりたいと思います。
 
就職を考えている方へのメッセージ
 各駅停車は、本当にわきあいあいとした、笑顔の絶えない、楽しく、温かい、働きやすい職場です。ご利用者の皆様もとても親しみやすく、優しい方々です。福祉の仕事は大変というイメージがありますが、研修制度もあり、フォロー体制も万全です。スキルアップも望めます。ご利用者との関わりの中、喜び、うれしい発見、時には元気をいただけたり、様々な経験ができます。何より自分自身が成長できるメリットがあります。少しでも興味を持たれた方は、まずは見学だけでも是非お問い合わせください。お待ちしております。

地域生活支援センター じょいふるはかた(11年目)

入職のきっかけ
私は、大阪府社会福祉研修センターで福祉を学び様々な福祉に関心をもち、措置から契約への変貌の中、福祉の最後の砦である救護施設の門をたたきました。あいりん地区の三角公園を背にしてそびえ立つ今池平和寮(H27年3月閉鎖の救護施設)です。ここで学んだことは、利用されている方の訴えに対して迅速な対応、行政・病院・地域との関係、また利用されている方の意見を尊重し支援を行なっていくことです。
 
仕事での苦労・やりがい
 現在は、主に知的障がいのある方の生活介護と就労継続支援B型を持つ多機能型事業所で仕事を行なっています。生活介護ではご利用者の ニーズをすいあげ、安心して楽しんでいただける場所の提供を行い、就Bでは仕事をいかに継続して取り組んでいただけるかを支援しています。
 ご利用者の笑顔や、楽しまれたり喜ばれたりしているところを見ると、苦労は飛んでいきます。
 
成長した点・これからの目標
 今池平和寮で学んだ迅速な対応と、各関係機関との連携は大切にしています。
 これからの目標は、地域の方に気軽に来ていただけるような場所を作ることです。
 
学生の方へのメッセージ
 日本ヘレンケラー財団ではチャレンジすることを応援してくれます。私は就労継続支援B型事業でご利用者の平均工賃向上にチャレンジしました。経験豊かな職員のバックアップもあり、和泉市ではかなりの工賃をお渡しできる事業所になりました。「個々の目標に対して、自然に協力してくれる」のがこの職場です。
 福祉の考えは日々変化しています。学校で習った皆さんの福祉の考えは最先端です。その考えを現場の支援に活かしてチャレンジしてください。 

特別養護老人ホーム ミネルヴァあべの(3年目) 大阪総合福祉専門学校出身

なぜ、ミネルヴァあべので働きたいと考えましたか?

 新設のミネルヴァあべので、オープニングスタッフとして働きたいと考えていました。
 僕が学生の頃、お世話になった実習施設は、ミネルヴァあべのと同じユニット型の施設でした。そこで感じたのが、ユニット型は一人ひとりに合わせた支援、ケアを行うことができ、それぞれのペースに合わせた支援の仕方が従来型とは違うこと、またゆっくりした時間の中で入居者と過ごせる時間や関わりが好印象で自分に合っているということでした。
 そこで担当してくれていた指導職員がオープニングスタッフとして長く働いていて、リーダーを担当していました。その人になぜここで働きたいのかを尋ねたのが、実は働きたいとなったきっかけで、「オープニングは、本当に大変だけど自分たちが頑張ったら良い施設を創ることができる」とお話しいただき、その言葉を聞いて自分もオープニングスタッフとして働き、良い施設を創っていくためにがんばろうと思いました。
 
実際にミネルヴァあべので働いてみてどう思いましたか
 オープニングスタッフは、「自分たちで、職場を創ること」ができるから、1つのやりがいであると感じています。しかし、1年目の自分は必死で余裕がありませんでした。やはりオープニングということで、一から考えていくことが多く、入居者さんの情報収集や介助方法も試行錯誤をしながら考えていくので正直大変でした。
 ですが、見方を変えればどの介助方法が適しているのか、ユニットをどうすればよくできるかなど、他の職員と共に考え、自分の意見や他者の意見を取り入れ、協力しながら、よい方向に向かっていく事は、まだ新しい施設だからこそ感じる事ができる魅力の1つではないかと感じています。また一つの考えに固着せず、柔軟に対応しながら、よいユニットを創れるように頑張っていきたいです。
 今は、少しずつでありますが一年目の自分よりも余裕ができて入居者さんとの関わりや支援を考えていったり、ユニット内で企画を考えたりしているので楽しく働いています。
 
ホームページを見ている人へメッセージ
 特養で介護サービスを受ける方々は、心身に病気や障がいを抱えていたり、家庭の事情で住み慣れた自宅で暮らせない、日常的に心身の状態観察が必要であるなど、様々な事情で支援や介護を受ける必要があり入居されています。
 そのような方々にとって、介護士は身近な存在として食事や移動、入浴等の直接的な介助を行い、そして部屋の清掃や調理等の手伝いをする、頼りになる存在です。
 介護の仕事は支援等を必要とする方々の暮らしを支え、生きる事の希望や家族間の円滑な交流、そして心身機能の維持向上など多くの方々に喜びや豊かさを提供できる仕事です。
 僕たちは、サービスを提供する事によって「ありがとう」「助かるよ」等の感謝の気持ちを直接伝えられる事も多く、働く喜びを感じられます。お金を頂いてサービスを提供している立場ながら、介護サービスを利用する方から多くのあたたかい言葉をかけられる事も介護の仕事の魅力だと思います。
 福祉の仕事は、大変と思われるかもしれないですが楽しいところもたくさんあります。ぜひミネルヴァあべのに来て一緒に生活の場を創っていきましょう。

多機能型事業所 メロディ(4年目) 大阪こども専門学校・近畿大学九州短期大学出身

入職のきっかけ

 保育士育成の専門学校に通っていた頃、実習で障がい者の通所施設に行きました。そこで始めて実習で楽しいと感じ、実習期間を過ごすことができました。卒業後、他の法人で保育士として働いていましたが、障がい者施設での実習が忘れられず、退職して約一年アテナ平和で非常勤を経験してから、採用試験を受け今に至ります。

 

仕事での苦労・やりがい

 メロディは生活介護事業所で、リズムは単独型の短期入所施設になります。生活介護では曜日ごとに固定のご利用者が利用されていますが、短期入所は違います。定員六名で毎日違う男性のご利用者が利用され、契約されている利用者様も今では100名を越えています。新規のご利用者が利用された際は特性の把握や場面に応じた支援が難しく感じます。そのため3年目にはなりますが、日々勉強しながら支援しております。また、メロディではリーダー業務を担当しており、活動プログラムの提案や行事の計画などに携わっております。まだまだ支援者として至らない部分もある中、ご利用者の笑顔を見ると「もっと精進しよう」と思い、毎日頑張っております。

 

成長した点・これからの目標

 支援者としても日々勉強させてもらっていますが、まず社会人としてのマナーや心がけが定着してきてきたと感じています。学生の頃は使いもしなかった言葉や会話の仕方、作法など学ぶ部分はたくさんあります。これからは新しく入ってくる新社会人の方などにも自分がそういった部分を伝えていけたらなと思います。

 

 

学生の方へのメッセージ

 学生の皆さん、福祉の世界では趣味など披露できるものがあれば強い武器になります。たとえばダンス、歌、バルーンアートや絵画などもご利用者に喜んでいただける大きな武器です。ご利用者の笑顔や楽しんでいる姿を見ると自分もとても元気になれます。どんなことでもいいですから趣味を磨いて現場で活かしてみて下さい。私と一緒に現場でお仕事できることを楽しみにしています。

TOPへ戻る