本文へ移動

OCA委員会

OCA委員会(趣旨・目的)

<趣旨>OCA委員会(Ombudsman Caravan Activity)は、各事業所における支援の向上及び施設におけるハード面改善、危険回避につなることを目的とした理事長の諮問機関とする。
<目的>OCA委員会は、①定期的に各施設を訪問・巡回し、利用者の支援内容及び問題点等の検討、②先駆的事業の開発・推進に関すること、③建物の危険個所のチェック、④カリキュラム(日課・活動)の見直し の業務を行うことにより、利用者の人権を尊重し、利用者本位の支援がなされているかを検証し、また、施設内外におけるハード面の危険箇所等の指摘を行うことにより、事故等を未然に防止することを目的とする。

OCA委員会活動報告一覧

RSS(別ウィンドウで開きます) 

第5回 OCA委員会活動報告

2019-08-31
先日8月31日に第5回OCA委員会が行われました。
4回目の施設訪問では、各施設でマニュアル、事故報告書の確認作業を行っています。法人内で統一しているとはいえ、各施設そこからアレンジしたマニュアル、事故報告書になっており、他施設の内容を見させてもらう、
良い機会になりました。また、今回は初めて、施設の担当者も委員会に参加してもらい、雰囲気を味わうことで、次回からの訪問に向けて良い話合いになったと思います。これからの方向性としては、一緒に現場に入って行き、一緒に支援することで、各施設の特徴を感じながら、ご利用者、職員にとって、より良い施設になっていくことを目標にしています。次回は9月28日を予定していますので、担当施設のみなさんよろしくお願いします。

第4回 OCA委員会活動報告

2019-07-27

4回目のOCA委員会の活動内容を報告させて頂きます。今年度は、アテナ平和、児童平和寮、太平の3つの施設に訪問し、より良い支援を目指し、施設の職員と一緒に考え実践していくことを目標としています。委員会メンバーは外部の有識者3名、外部団体(学生を含む)6名、法人職員6名の計15名で行っています。現在、どの施設も3回の訪問を終え、月1回の委員会会議で報告し、その中から課題を見つけ、具体化できるように話をしています。まだまだ始まったばかりの委員会で、メンバー自体も手探りで行っていますが、目標に向かって頑張っていきます。

TOPへ戻る