法人本部

 
フォーム
 
『平成29年度 ブランドスタッフ養成研修Ⅲ』
2017-09-28
 『平成29年度 ブランドスタッフ養成研修Ⅲ』
 
 BS研修Ⅲが、下記の日程で行われましたので、受講者の感想をご紹介します。
 
 【日時】 平成29年8月22日(火)
        午後10時~午後5時
 【場所】 救護施設平和寮
 【対象者】採用5年目までの職員で、ブランドスタッフ養成研修Ⅱ修了者
       但し、昨年未受講の職員も対象
                               計17名
     
 【内容・講師】
      『業務改善』
         講師:横山 純平(アテナ平和 主任)
        
      『コミュニケーションの展開』
      『リーダーシップの理解と実践』
         講師:水流 寛二(特定非営利活動法人キャンピズ代表理事)
 
       
   今回の研修では、個人や集団でどのように働きかければ問題解決が円滑になるか、効果的な解決方法を予め持っておくことで対応が迅速に行えることを学んだ。しかし、問題解決するだけでなく、「問題を未然に防ぐ」ということが重要であり、そのためには日頃から職員間でコミュニケーションを密にとることが大切だと感じた。それだけでなく、利用者それぞれが「気持ちを伝えるサイン」というものを持っており、ジェスチャーや表情などで職員にアピールをしているということを再確認できた。そのため、これからもより一層、利用者のアピールを見逃さないように「観る」ということを大切にしていかなければいけないと感じた。
  コミュニケーションの展開では、日々何気なく行なっているコミュニケーションの難しさを実感することができた。まず、一方通行なコミュニケーションの実践では、話している側の不快な思いを実感した。一生懸命に話しても反応がなければ話す気はなくなるし、不快な思いになった。相手を褒めるということを通して、全員とコミュニケーションを図れたことはとてもよかったと思う。少し照れくさい実践であったが、お互いコミュニケーションを取ろうとしたことにより、コミュニケーションについて再度考えることができ、有意義な時間であったと思う。
 
 一人一人、良いところを生かして団結する。そうすることで、最大限の能力が発揮できる。人との関わりを学べた研修でした。            
 
平成29年度 法人合同研修会②
2017-09-25
今回の研修会では、3つの表彰が行われました。まず、平成25年から始まった「日本ヘレンケラー財団ブランドスタッフ研修」をすべて修了された職員の表彰、この法人ホームページの「施設日誌」をコンスタントに更新し広報活動に貢献した施設の表彰、そして今年も前年の人事考課で優秀な成績を収めた者の表彰です。壇上に上がられた人達は、まさに、この法人の今後をそして未来をひっぱっていくであろう人財です。理事長は今回の研修の挨拶で、福祉業界の人財不足をなんとかみんなの力で前に前に進んでいきたいと話されました。期待してます
このような研修を今回もまた無事に終えることができました。常日頃お力をいただいているご来賓の皆様、お忙しい中参加していただきありがとうございました。
担当の「IL伯太」の職員の皆さんもお疲れ様でした!
 
平成29年度 法人合同研修会①
2017-09-25
9月21日(木)、シティプラザ大阪にて、法人合同研修会が行われました。
 
今年の研修会では、認定NPO法人 日本レスキュー協会様による「災害救助犬、セラピードッグに関すること」という議題でお話をしていただきました。災害の現場で災害救助犬の活躍がいかに必要で、でもまだまだ認知されていないというご苦労があること、笑顔を届けるセラピードッグという存在、不幸な命を減らすために行なっている保護や里親の活動…。テレビで目にすることはあっても、やっぱりこうやって実体験をお話ししていただくことで、身近なこととして感じること、考える機会となるのだなあと思いました。私たちの日々も、地域の方々に施設を知っていただくこと、障がいをお持ちの方やこどもたちのことを知っていただくことの連続です。色々な形で、広報活動に工夫をされ、そして社会に貢献しようとされているお姿に、私たちにもまだまだできること、しなくてはならないことがあるはずだと心引き締まりました。
日本レスキュー協会の理事長様はじめ、スタッフの皆様、ワンちゃん2匹さま、お忙しい中、貴重なお話とお時間をありがとうございました
 
☆ラジオ収録partⅣ☆
2017-07-21
8月4日より開始している、ラジオ「FMはしもと81.6MHz」での法人紹介について、先日4回目の収録を行いました。今回は大阪市内ブロックの「救護施設平和寮」「福祉型障害児入所施設平和寮」「多機能型事業所ぶるうむ此花」「特別養護老人ホームミネルヴァあべの」の4施設より、8名が参加しました。
これまでの収録と同じように収録前、収録中はやはり高い緊張感に包まれ、表情も硬い様子が、、、。しかし収録後はその緊張感からも一気に解放され、表情も和らぎ多弁に、更に声も大きくなっていたように感じます。「今ならもっと上手に話せる気がします!!」と、収録後にお話されていた人もいましたね。でも今回も皆さん、とても上手に施設の魅力や福祉の仕事のやりがいについてお話していただけたと思います。施設のイメージソングを流すという、新たなチャレンジもありましたね!放送が楽しみです!!
今回で、法人内12施設全ての収録を行うことが出来ました。各施設の代表として収録に臨んでいただいた職員の皆さん、本当にお疲れさまでした。これからの放送を楽しみにしておいて下さいね! 第2回目もあるかな!?
 
今回のラジオ放送では、各施設の活動や、福祉の仕事の魅力、現場の職員のやりがい等、本当に様々な情報がちりばめられた内容となっていますので、福祉の仕事に興味のある方はもちろん、全く興味の無い方でも聴いていただくと福祉や障がいについてポジティブな印象を持っていただけると思います!!ぜひ、視聴して下さい!!宜しくお願い致します!!
※ラジオ放送の詳しい内容や視聴方法は、HPトップのチラシをご確認下さい。
 
『平成29年度 ブランドスタッフ養成研修Ⅱ』
2017-08-22
 『平成29年度 ブランドスタッフ養成研修Ⅱ』
 
 BS研修Ⅱが、下記の日程で行われましたので、受講者の感想をご紹介します。
 
 【日時】 平成29年7月26日(水)
        午後10時~午後5時
 【場所】 救護施設平和寮
 【対象者】採用4年目までの職員で、ブランドスタッフ養成研修Ⅰ修了者
       但し、昨年未受講の職員も対象
                               計22名
     
 【内容・講師】
      『対人支援技術の基礎』
         講師:宮前 克彦(IL伯太 副施設長)
        
      『事故防止・リスクマネジメントⅡ』
         講師:谷中 陽一(太平 施設長)
 
      『業務課題への対応』
         講師:石川 元久(太平 部長)  
            
       
   日々の支援の中で利用者に対する関わり方や声かけ等、虐待とまではいかなくても疑問に感じる場面はある。そのような場面に慣れてしまうことや感覚が麻痺することは、後に虐待に繋がることもあると学んだ。自分自身、疑問に感じる場面があっても言えないことが多いため、相手にうまく伝えることのできる方法を学んでいきたい。
 
  研修では、事故が起こったと想定された写真を見て、見たままを記述するということを行なった。誰が読んでもわかるような記述の難しさを感じた。日頃の利用者の方との関わりで観察し、援助記録の記述で養う必要があると思った。
 
  グループワークでは、人の視点、価値観などは、本当に多様だなあと感じた。私の考えとは、全く違った意見がたくさんあり、驚きを感じました。今後は一つの視点から物事を捉えるのではなく、様々な角度、背景などに視点をあて、この研修で学んだことを、明日からの支援に生かしていきたいと感じた。                
 ​ ​法​人​本​部​事​務​局​
 
社会福祉法人
日本ヘレンケラー財団
〒545-0011
大阪府大阪市阿倍野区
昭和町3-4-27
TEL.06-6628-2229
FAX.06-6629-6239
-------------------------
(1) 第一種社会福祉事業
イ. 救護施設の経営
ロ. 障害児入所施設の経営
ハ. 障害者支援施設の経営
(2) 第二種社会福祉事業
イ. 障害福祉サービス事業の経営
ロ. 一般相談支援事業の経営
ハ. 特定相談支援事業の経営
ニ. 障害児相談支援事業の経営
ホ. 移動支援事業の経営
ヘ. 地域活動支援センターの経営
ト. 無料及び低額宿泊所提供事業の経営
チ. 障害児通所支援事業の経営
qrcode.png
http://helenkeller.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

481288
<<社会福祉法人 日本ヘレンケラー財団>> 〒545-0011 大阪府大阪市阿倍野区昭和町3-4-27 TEL:06-6628-2229 FAX:06-6629-6239