本文へ移動

アテナ平和

施設長の声

●アテナ平和はどんな施設ですか?

 

障がい者支援施設アテナ平和は平成1910月に開設しました。

 

ここでは、地域で生活する障がいのある方に対して、生活支援や日中活動の提供、お仕事の場の提供や障がい福祉サービスの利用支援やご相談に対応しており、施設の様々な活動を通して対象ご利用者やご家族のサポートを実施しています。

 

事業内容は主に知的障がいのある方を対象とした、施設入所支援事業・生活介護事業・短期入所事業、ほかにも就労支援事業や主に精神障がいのある方を対象とした相談支援事業などの運営を行っています。

 

また地域貢献活動では、障がい啓発や各種地域イベントを通した施設開放なども積極的に

実施しており、夏祭りやハロウィンはご利用者と地域の方そして、ボランティアの方とともに共同して開催しており、例年賑わいを見せています。

 

法人理念にもあるように障がいのあるなしに関わらず、誰もが住みやすく、人としての尊厳や意思決定が尊重される共生社会実現に向け、スタッフ一丸となり取組んでいます。

 

●一緒に働きたいと思う、職員像について教えてください。

 

ズバリ!明るく元気な方です、人とかかわる事が好きな方!

 

アテナ平和は複数の事業部署があり、ご利用者の日中のご参加は70名、スタッフ数は50名以上です。日々活気にあふれ、創造力や応用力・洞察力や行動力と様々な力を発揮しながら、ご利用者支援を実践しています。

 

私たちスタッフは、チーム力によりその力をより高めて、様々な課題にチャレンジしています。自分も他者も大切に考えることのできる、元気で明るい方、そんな人と共に成長していきたいと考えています。

 

●施設長として、アテナ平和をどんな施設にしていきたいですか?

 

アテナ平和は障がい者支援施設として10年を迎えました。11年目は新しいスタート元年として捉え、今まで以上にスタッフが生き生きと働き、そしてご利用者やご家族、地域の皆様に「この施設に出会えてよかった」と実感して頂けるような施設にしたいです。

生活の場・働きの場・つながりの場としてサービスの質を高め、安心と安全そして笑顔と幸せを提供できる、そんな施設を目指していきたいです!より多くの方が施設にお越しいただき、地域の皆様との多くの出会いとつながりを大切に活動していきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

TOPへ戻る