本文へ移動

たんぽぽ園

たんぽぽ園(児童発達支援事業)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

地域の皆様向けに陶芸教室を開催いたしました(地域貢献)

2018-08-07
 たんぽぽ園の保育では、2ヶ月に1回“陶芸教室”を行っています。講師に陶芸の先生が来ていただき、毎回、子ども達は粘土で様々な物(皿や置物など)を作っていますそして何より、陶芸では粘土の独特な感触が苦手だった子どもが繰り返すたびに触ることができるようになり、イメージ力がついてきて子どもそれぞれの特徴のある作品ができるようになってきていますfrown子ども達の成長にとても大きな力となっています
 
 その陶芸教室を今回は地域の皆様向けに開催いたしました
 この日は「豆皿」を作るということで、講師の先生からどんな皿ができるのかを見本を見せていただいたり、粘土を扱う時の注意事項を教えていただきましたcheeky
その後、参加した皆様はペタペタと粘土をのばしたり、好きな形に変えてそれぞれユニークな素晴らしい作品ができあがっていました
親子でどのような皿を作るのかを相談し合っていたりして、その時間も楽しそうでした
最後には、作品を並べて品評会ではないですが、全員で観覧会もしました全員の作品が並ぶと圧巻でした
 
 前回と同じで陶芸の先生のご厚意で色も選ぶことができました。早く完成するのが楽しみですsmiley

感触遊び『ダンボール』

2018-08-10
 大小さまざまなダンボールを使い、感触をいっぱい味わいましたsmiley
ダンボールの中に入って隠れている子どもmail、ダンボールを服のように着てロボットになっている子どもfrownと遊び方は様々でした
とても楽しそうで、約30分くらい集中していました
家では、ダンボールをいっぱい出して遊ぶことができないので、子どもたちにとっては魅力的だったのだと思います
 
 今回のダンボールを使った遊びは、身体全体を使い遊ぶだけでなく、イメージ力が必要であったりと様々な発達に対しての刺激があったと思います

5月の避難訓練

2018-06-07
 5月は地震&火災を想定した「避難訓練」を行いましたそして、津波に備えて近くの避難所まで先月に続いて歩いていきました。
 まず、この日は子ども達に紙芝居を通して、地震の時は頭を守ることの大切さを伝えましたangelそうすると、何人かの子ども達は「地震です!」の声で頭を下げて身を屈めることができていました
 また、避難所となる小学校まで歩くことも何度も繰り返し行うことにより、子ども達もスムーズに手を繋いで歩くことができるようになってきましたwink
 もしものことはあってはならないですが、あったときには落ち着いて行動をとることができるように、これからも引き続いて練習をしていきます

たんぽぽ園 機関誌「ONE☆あっぷ」 第1号 

2018-05-12
たんぽぽ園の機関誌が出来上がりましたsmiley
ぜひご覧ください
 
 
クリックされますと拡大します!

タマネギひきをしました

2018-05-25
たんぽぽ農園ですくすく育ったタマネギをひきましたsmiley
子ども達は「うんとこしょ!cheekyどっこいしょ!cheeky」と収穫して、カメラに採れたタマネギを見せてくれました

たんぽぽ園(放課後等デイサービス)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

お弁当!

2013-12-25
今日から冬休み
 
利用されている子ども達と、社会勉強も兼ねて近くにあるお弁当屋さんに昼食を買いに行きました
 
色々なお弁当がある中で、すぐに決める子もいれば、悩む子どももいてその姿を見ると微笑ましくなりました。
 
帰ってきて、自分が買ったお弁当をほうばる子どもたちが印象的でした

クリスマス会

2013-12-20
クリスマス会の続きです。
 
待ちに待ったサンタの登場子どもたちは「サンタだー。違うって!○○先生やー」と少し興奮した様子でした。
サンタからクリスマスにまつわる話を聞いた後は、いよいよプレゼント
スタッフがひとりひとりにプレゼントを考えて購入したので、喜んでくれたらうれしく思います。
 
今回のクリスマス会は楽しい事ばかりでなく、スタッフとの別れもありました。
スタッフが話している間、子ども達はしっかりと椅子に座って耳を傾けて聞いており、話のあとは、握手を求めに行くなど、本当に感動の一場面となりました
  
子どもたちのとてもいい笑顔が見ることができて、今から来年のクリスマス会が楽しみです
 
 

クリスマス会

2013-12-20
今日は待ちに待ったクリスマス。ご家族に「楽しみ」と話している子どももいて、こちらまで嬉しくなりました。
 
内容は盛りだくさんで、まずは縁日などで見かける、ひも引きです。お菓子や、ティッシュなど何が出るかは引いてからのお楽しみ。目当てのものが当たった子どもは「やったー」と大喜びでした。
 
次は、みんなで食事です。チキンナゲットとポテトフライ、ケーキを食べました。ケーキはただ用意されたものを食べるのではなく、切ったロールケーキを用意して子どもたちが好きなように生クリームやチョコレートをトッピングしてもらうという形にしました。
 
次に、練習してきた歌です。日ごろの練習成果を見てもらうために、スタッフ手作りの蝶ネクタイをつけ、児童発達支援のスタッフをお客様として呼び、その前で歌を披露しました。みんな楽しく堂々と歌っている姿が印象的でした。

ぞうの部屋を使って

2013-12-18
たんぽぽ園には広い園庭があり、普段はそこを使って遊ぶのですが、天気が悪い日や、暑すぎる日、寒すぎる日は体調を考えて、室内で過ごします。しかし、室内では十分には体を動かすことはできませんでした
そこで、広いぞうさんの部屋(遊戯室)を使うこととなりました。遊具もたくさんあり、子どもたちも楽しそうに遊んでいました。これからも定期的に開放していけたらと思っています

感染症対策

2013-12-17
たんぽぽ園では、ノロウィルスの感染拡大対策として、実際に子どもが感染した状態で、利用し嘔吐があった時の対応方法を看護師が講師役となり、講習を行いました
耳で話を聞くよりも実際に動いてみて初めてわかることが多かったので、とても有意義なものとなりました
 
感染症は発症した時の事後処理は勿論大事ですが、予防がもっと大切ですので、登園した時に手洗い・うがいを子ども、スタッフともに行うよう取り組んでいます。
TOPへ戻る